不倫禁止法の制定を望む2

● これだけ不倫・浮気が社会問題となっているのに、どうして禁止する法律がないのであろうか。不思議だ。浮気に苦しんでいる、妻・彼女の立場を保護できないものか。政府は、彼女たちの苦痛に関心を持つべきだ。

 でーもー、亭主や彼氏の浮気は許さないが、自分自身(女性)は浮気をしたい。そんな願望が、いくつになっても、心の片隅に潜んでいる。妻も彼女も、男性に飽きたら浮気をしたいのだ。おばさんたちも、職場で「浮気したいよねー」なんて会話をしていた。

 時に女性は、妻(彼女)のいる男性を奪うことに、喜びを感じている。その男性を、自分が手に入れたい、奪いたいという願望があるみたいだ。

奪って、その妻よりも優越感に浸りたい。略奪愛だ。女性の戦いが好きなのだ。この恋だけは譲れない。この年で、もう逃がすわけにはいかない。

 女性支援団体さん、「男性の浮気禁止法」を制定してみて下さい。とは言うものの、無理かな。制定されると、不倫・愛人に浸っている女性たちのほうが真っ先に、反発することであろう。


●渋谷に理屈はいらなーい。ふざけた彗星が、渋谷に落下した。ハチ公が踊り、人型信号機も踊った。交差点を5万人が占拠した時、みんなが踊り狂い始めた。ダンスファン必見。痛快、ダンシングファンタジー。文芸社。1050円。著者マンタ。電子書籍500円。

シナリオ スクランブル・ジャックin渋谷


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック