去年の看護師たちは今どこに7・8・9


●去年の看護師たちは7

去年いた看護師たちと会話を試みたけれど、よい会話は戻ってこない。多忙で、それどころではない。会話にならない。挨拶も満足にできない。廊下ですれ違っても、素通りするだけだ。つまらん。

今回の入院は、一0日間だ。対話は、あきらめよう。病室にきても、安易に会話ができる状況を作れない。今年知り合った、新しい看護師に声をかけて遊ぼう。

●消えた看護師8

患者「去年いた看護師の久美子ちゃんは、どこに行ったの?」
去年いた看護師「久美子ちゃんって、誰ですか?」
患者「いただろう。苗字は、忘れたけど…」

ここの病棟では、看護師たちはお互い「苗字」で呼び合っている。とぼけるな。名札にはフルネームで記載されている。仲間同士で、「氏名」を知らないわけがないだろう。

この看護師、俺にシットしているな。一人の男性患者を相手に、女の醜い争いが繰り広げているようだ。

●消えた看護師9

患者「去年いた看護師の美代子ちゃんは、どこに行ったの?」
去年いた看護師「美代子ちゃんって、誰ですか?」

患者「苗字は、忘れたけど…。美代子ちゃんのメールアドレス、教えて下さい」
去年いた看護師「個人情報は、教えられません」

ケチ。もしかしたら、君の返事一つで、「愛」が芽生えるかもしれないのだぞ。多分彼女は、人事異動で、この病院内のどこかにいるはずだ。

けれども、救急病棟、手術室、神経科病棟となると、入室ができない。確認がとれない。俺は、ストーカーか。





ジェネシス創世記 第1巻 (1)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック