アホな患者43・44

 
●アホな患者43

 四人部屋の病室。患者が三人いる。看護師が夜間勤務のため、三人しかいない。それなのに、今病室に看護師H・Iがいる。一人の若い重症患者を相手に、奮闘しているようだ。

老人の患者もいる。このジジイ、今二人も看護師が病室にいるにもかかわらず、ナースコールを平気で鳴らしている。おいおい。三人目の看護師Jを呼ぼうとしている。何を考えているのだ。

ジジイ「済みませーん」
ジジイは、ナースステーションにいる看護師Jに問い合わせた。

看護師Jの声「どうしましたかー?」

看護師H・I「いまーす。ここにいまーす」

 二人の看護師は、割って入った。大声で叫んでいた。こんな患者なら、看護師も多忙なはずだ。患者も甘えるな。こういう時でないと、看護師に男性も甘えられないのです。

●チヤホヤ44

 キレイな看護師を見ると、スケベ心から、やはりチヤホヤした発言をして好感触を得ようとたくらむ。女性と仲良くなるには、ホメ殺しに限る。

患者「君の足って、本当にキレイだね。どうして、そんなに細い足を保てるの?」

 看護師は、ニコっと微笑むだけで黙って去って行った。それ以上の仲は、期待できそうもない。つまらん。看護師をほめたって、サービスがよくなるわけでもない。フンだ。

 悪態ついたら、注射の打ち方が悪くなった。無視されるようになった。やたらと、ケンカ越しになる。嫌われた。やっぱり、看護師には、チヤホヤしないとダメなのかなー。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック