二つの名前を持つ看護師46

入院した。三カ月間の入院だ。看護師Lと出会った。名札には、「L」と記載されている。左の薬指には、指輪がない。未婚のようだ。

1年後、再入院した。一0日間の入院だ。その看護師Lは、結婚をしていた。チョット、ショック。あれから一年だ。結婚していても、不思議ではない。彼氏がいても、不思議ではない。

隣の患者との会話を盗み聞きして、看護師Lは、「M」に氏名が変わっていたことを知った。その後退院をした。

三ヶ月後、事情により「看護記録」を取り寄せた。読んだ。驚いた。看護師Lの氏名が、どこにも記載されていない。なぜだ?

あった。全て、「M」と記載されている。それも、自分が最初に入院した時からだ。看護師Lは、自分が退院した「後」に「結婚した」のではなく、入院する「前」から「結婚していた」のだ。

看護師だから、指輪を外していたようだ。名前を二つも使うな。ずっと、だまされていた。結婚していたことを見抜けなかった自分が、物凄く腹立たしく思った。バカだった。

他の看護師と、親しくすればよかったな。1年間、恋愛関係をムダにした。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック