患者にプライバシー19・20・21


●患者のプライバシー19

 朝。カーテンを引いている。患者はテレビを見ている。病室に看護師がやってきた。いきなり、ガラッと、容赦なく開けられた。「開けていいですか」の、一言もない。

おいおい。患者にプライバシーはないのか。ない。散々、人のチ○チ○やお尻を見ておいて、今さらどこにプライバシーがあるというのだ。というより、自分から見せている。

 逆に故意に見せようとすると、看護師は女性に戻って、意外と嫌がるみたいだ。仕事と私生活は、やっぱり別ものか。

●年収1000万円ない20

三0代の独身看護師が、病室にやってきた。

患者「君、年収一000万円、ある?」
独身看護師「あるわけ、ないでしょう」

患者「それじゃー、俺と結婚はできないな」
独身看護師「逆だろー」

 女性が、社会進出して結婚をしたければ、年収一000万円くらいは用意しておきなさい。そんなことでは、愛する男性を扶養できないよ。それが、男女平等というものだ。

●患者の自立21

 看護師も多忙だ。自分は自立心が強いから、看護師をやたらと呼ぶことはない。同室のじいさんと若者は、すぐナースコールを押したがる。下らないことでも、押している。

看護師「今日はなぜか、看護師が少ないんですよ」

 日勤の看護師は、そう言って嘆いていた。それでも、二人はおかまいなしに呼んでいる。看護師は、患者の自立を促すのも仕事だ。患者を甘やかしてはいけない。

 一一時三0分になった。自分の入浴時間だ。看護師も食事タイムに入った。さらに人手が足りなくなった。自分に付き添ってくれる、看護師がいない。

更衣室で、手術した右足の患部を保護するために、その場にあったビニル袋を自分で巻きつけた。これは看護師の仕事だぞ。お前たち二人が、看護師をやたらと呼びつけるから、自分の相手をしてくれないではないか。

 自分の巨木を見せながら、看護師に巻いてもらいたかったな。動機が、不純だぞ。



ジェネシス創世記 第1巻 (1)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック