マンタマンタに告ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕事と私どっちが大切なの22

<<   作成日時 : 2008/02/11 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


●「仕事と私、どっちが大切なの?」と問い詰める女性がいる。ムカついてくる。今の仕事を投げ出して、女性のためにデートしたほうが、その男性の選択は正しいのだろうか。

その女性は、精一杯その男性を愛してくれるのか。女性を選んで、仕事をクビになったら、その男性はバカだ。その後、女性のほうから別れを言い出したら、その男性はまたバカを見る。

女性より、生活が大事だ。生活があってこその、仕事だ。給料があるからこそ、デートができるのだ。出世や資格試験もある。女性は、それをダメにするのか。

男性がクビになって、年収がなくなれば、きっと女性は別れを言い出すだろうな。女性は、やたらと何かとすぐ比較したがる。なぜ? 

その男性にしかできない高レベルの技術、世界を救う発明・研究、ノーベル賞受賞、大会優勝などが目前に迫っていても、女性は自分とのデートを優先させるのか。

女性は、男性の仕事に対して寛容でなければならない。男性の仕事を支援する。それが、妻の役割だ。そのために、妻は女性はガマンをしなければならない。

男性は、そんな我がままな女性を愛するだけの価値があるのだろうか。たった1人の女性のために、男性の未来を奪われたくない。そんな女性は、社会や世界を滅ぼす悪魔である。

女性が、一生涯養ってくれるのであれば、自分は仕事より女性を選ぶ。ダラダラしながら、自宅の居間で、毎日テレビやVDVを見ていたい。もう、粗大ゴミとは言わせない。

女性の我がままが優先するのであれば、自衛隊も警察も政治家もサラリーマンも、この世からいなくなる。これからは、女性が男性のために働いてもらおう。

それができなければ、男性から仕事を奪うな。我がまま女性とは、付き合っていられません。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕事と私どっちが大切なの22 マンタマンタに告ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる