二四は受験に関係ない3



●「二四」が、どのようないきさつで作られたか、知っている女子学生たちはどれだけいるのだろうか。知らなくてもいいのだよ、受験に関係がないから、学ぶ必要はない。大学の法学部でも、学ぶことはない。

知らなくても、恥じることはない。例え知っていても、「あ、そお。ふーん」で終わるだろう。しょせんP氏の功績は、その程度なのだ。

今の日本の女性たちは、「二四」に相当するだけの権利義務を行使しているであろうか。「二四」が泣いていないだろうか。

せっかく苦労して作っても、今の女性たちに感謝されていなければ、意味がない。それでも、P氏は自分の行動に誇りをもっているのだろうか。悔いはないか。

本来ならこの「二四」は、有能な実力のある日本の女性が作らなければならない。その権利義務を、P氏が奪ってしまった。余計なことをしてしまった。P氏は、日本の女性をバカにしている。見下している。

P氏がいなくても、一九九0年代になれば、日本の女性たちは「二四」に準じたものを作っていたであろう。決して、遅くはない。

そもそも、今でも「二四」が機能しているとは思えない。飾りとして、存在しているだけだ。削除しても、いいだろう。

 それにしても、他国の人に「二四」を作らせておいて、日本人女性は恥ずかしいと思わないのであろうか。ない。図々しくて横着なおばさんたちに、恥じらいなどあるわけがない。少しは、これを作ったP氏に感謝しなさい。

この「二四」がどういう数字か、今時のギャルには分からないであろう。受験には関係ないもん。法律系の試験にだって、出題されない。下らない数字だ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック