社会にとって価値の低い職業は専業主婦だ20

● 専業主婦は、家庭の中で従事する職業だ。外に向けられることがない。社会性がない。付き合いが乏しい。

家庭内だけでしか、価値がない。活用方法がない。亭主と子供だけが相手だ。つまらん。刺激がない。脳が活性化されない。

 社会から取り残される。情報から、取り残される。亭主、子育て、家庭だけでしか役に立たない。上司がいるわけでもない。亭主や会社から、ほめられることもない。専業主婦をほめたたえる人など、いるだろうか。

「主婦業は、完璧だ」と豪語する女性がいる。本当だろうか。隣の奥さんから、「あなたは、優秀な主婦ですね」などと、言われるはずがない。姑から、ほめられるだろうか。

専業主婦を学問として研究しても、ノーベル賞など受賞できない。受賞できても、その学術研究を重ねるのは男性だ。女性ではない。

専業主婦は、社会にどんな利益をもたらすのであろうか。これでうつになったら、余計動かなくなる。寝てばかりだ。仕事にならない。

家庭や社会にまた、損失を与えることになる。他人から価値の職業である存在と認められれば、うつから解放されるかもしれない。いつになることやら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック