●渋谷70

宏「とにかく、署名するのかしないのか、どっちなんだよ。ハッキリしろっ」

博恵「ハイ…」

目線を路上に落として、渋々と小声で博恵は答えた。

小さい頃から夢を見ていた、結婚への憧れ。夢見る乙女心を、打ち砕かれた。博恵には、奇跡は起きなかった。

宏「良し。今度、博恵の実家にあいさつに行こうな」

博恵「ハイ…」

 博恵は、小声で軽くうなずいた。宏は、博恵のアルバイトの予定など、無視して語っている。もう、勢いで行くしかない。

 宏、博恵の両手を握ってチークダンスを踊り始める。全然、踊りになっていない。下手くそだ。

 宏、博恵の右足を踏みつける。

 博恵、グッと痛みをこらえた。ガマンして、宏に抱きついている。

 平然と踊っている、宏。下手であることを、自覚していない。

 博恵、宏の踊りの下手くそさ、結婚の申し込みへの不満を抱きながら、一緒になって踊っている。

博恵の声(僕と結婚して下さい、ってけじめぐらいつけてよね…)

 と頭の中で、自分自身につぶやいた。

宏「結婚指輪は、パチンコで稼いだら買ってやるからな」

博恵の声(もう、ムードがないんだからー)

 男女が頬をすりよせて踊る、チークダンスを踊っている。

 周囲の人々は、自分なりの個性的な踊りを披露している。

 踊り狂っている、大勢の人々。
    ○    ○

踊っている、1万5000人の群集たち。

 チークダンスを踊っている、宏と博恵。

 博恵の目の前で、ピエールが踊っている。

大勢の群集がいる中で、狭くとも大胆に激しく、その華麗なダンステクニックは誰よりも優れていた。

 周囲で踊っている人たちも、ゆっくりと踊りながら、ピエールの踊りを見入っている。むしろ、空間を空けている。

 ピエール、博恵に投げキッスをする。

 博恵は、笑顔とウィンクで答えた。

博恵の心の声(宏、ご免ね。あたし、二股かけているんだ)

 博恵は、フランス人には弱いようだ。

リズム感ある踊りを披露している、ピエール。

 交差点内は、もう満杯状態に達した。踊れる範囲は、狭すぎる。大胆な踊りはもうできない。踊れば、ヒンシュクを買う。

「KY、空気を読め」、と群衆から言われるであろう。

 もう、2万人以上になっただろうか。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック