短距離走は身長で区別しよう


柔道やボクシングなどでは、「体重別」に競技が分かれているようだ。一方、足の長さや身長に関係なく、「100m競争」は存在している。何か、納得いかない。

陸上競技は、黒人が圧倒的に強い。しかも長身だ。日本人は身長が低い。結果、歩幅が短い。それだけでも、不利だと思う。ハンディは、必要だろう。

つまり、「身長別」で競技をしても良いと考える。170センチ以下、180センチ以下、190センチ未満以下、190センチ以上と分けて競技してもらいたいものだ。

日本国内なら、身長による区別はいらないが、世界が相手となると、体力的にも違いが生じる。但し、マラソンのような長距離競技には、その必要はない。

短距離競技に、「身長別」の導入は無理だろうか。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック