マンタマンタに告ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 事故米と農水省の責任と

<<   作成日時 : 2008/09/10 07:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


大阪の三笠フーズが、事故米を転売して、暴利を得ているようだ。酒造会社、米菓会社などに販売していた。数十年前からだという。よく、そんなことができるな。

食品偽装が問題になっているのに、平然と転売を繰り返していた。次は、どこの企業が摘発されるのかな。事故米は、関係者が食え。

昨年1月頃から、2度にわたって農水省に内部告発されていたのに、摘発できなかったことだ。査察が入るたびに、別な倉庫に移動していたという。

会社も、組織ぐるみで犯罪を実行している。社員40人、パート60人。従業員は、どんな気持ちで仕事をし、給料をもらっていたのかな。

隠蔽工作は、福岡の工場側が上手かもしれないが、農政事務所が見抜けないことに問題がある。適当な仕事をしているのであろう。

捜査能力なし。帳簿調査能力なし。簿記を勉強しろ。転売先は、80社以上にも上がるらしい。取引企業は、多大な損害だ。
自分が食べている米は、大丈夫か。飲食店や回転寿司の米は、大丈夫か。皆、卸会社の米を疑え。

腑に落ちないのは、事故米を所有している農水省が、なぜ三笠に販売した? ノリの製造会社に、なぜ直接販売をしない。卸会社に、販売する理由が分からない。

農水省は、処分を急いでいたのであろう。購入してくれるのであれば、どこでもよかったのであろう。購入理由は、必要がなかったのではないか。審査なし。

いい加減な販売をしている農水省にも、責任が大いにある。それでも官僚連中は、誰も責任をとらないであろう。

月1回の査察をしている福岡の農政事務所の調査官全員は、減給処分だ。三笠に販売した農水省関係者も、減給処分だ。賞与なし。

官僚個人の結果責任を、負わせるだけの法律を制定できないものか。次期、総理大臣さん。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
事故米と農水省の責任と マンタマンタに告ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる