あたごと漁船とテロと前艦長だー


東京湾で、イージス艦と漁船の衝突事故が起きた。海難審判が開かれたようだ。何だ、何だ。前艦長や当直士官らは、漁船が右側に航路を変えたために、衝突したと反証をしている。

「回避義務は漁船にあり、あたごにはない」と主張している。起訴前の供述とは、違う反論をしている。魚船員が亡くなった以上、この事実確認はできない。

その盲点を突いて、ウソ・言いたい放題の供述をしているのであろう。航路は、左手にいる船舶に回避義務があるはずだ。つまり、あたごだ。

回避するときは、右側に航路を変更せず、2隻とも左側に舵をきるものだ。この法律と規則などにより、航路の安全と秩序が維持できる。

しかもあたごは、通常の船舶ではない。一般の船舶であれば、船長はどうにでも言い訳をしても良い。あたごは、戦艦だ。隊員は、特殊訓練を受けている。

この漁船がテロだったら、どのような言い訳をするのだ。単純な衝突では、済まされない。爆発しているぞ。沈没しているぞ。その後、テロリストは、日本に上陸して攻撃を開始するであろう。

漁船といえども、接近すれば、監視は警戒度を高めなければならない。安易な注意不足では許されない。接近してきたら、警告音を発したり、威嚇射撃をするものだ。

監視員は上司に報告したり、艦長を叩き起こして的確な指示を求めるものだ。それらの行動もない。当時、乗員は皆、遊んでいたのではないか。その言い訳を回避しているのであろう。

「漁船は南東にいた。衝突の見合い関係にはなかった。教育に不備はなかった」。なぜ、前艦長は分かるのだ。事故当時、熟睡していたはずだ。

知っているということは、起きていたということだ。それとも事故後、乗員たちからの情報を集めて、そう判断したのか。自分と部下の無罪を主張するために、責任回避をしているな。

これらの言い訳は、防衛大臣・事務次官・参謀長らの支持か。テロでなく、漁船でよかったね。こんな自衛隊や防衛省で、日本を守れるのかな。口先だけであろう。

事故を起こすたびに、自衛隊は責任逃れの言い訳をするな。死人(船員)に口なし。漁船は、無罪だ。素直に、前艦長たちは罪を認めなさい。

当時の石破防衛大臣は、ろくな指導力も発揮できずに辞任をしている。自民党の総裁にはなってもよいが、こんなふざけた男に、総理大臣をやってもらいたくない。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック