映画ゲットスマートに告ぐ

お金がない。観ようかどうしようか、迷った。観てしまった。たいしたこと、なかったな。おバカ映画だけど、ゲラゲラ笑えるようなコメディーでもない。それでも、部分部分笑ってしまった。

次から次へと続くような、アクションが足りない。核の盗難や、飛行機から人間が落下するシーンは、もう見飽きた。ありきたりの内容だ。工夫が足りない。

広大なロシア領内なのに、お金はどうやって工面した。どうやって移動した。その衣装・背広は、どこから手に入れた。これらの7つ道具は、どこに隠し持っていたのだ?

コメディーといえども、都合のよい物語展開になっている。ここまでくると、現実感がない。ダンスシーンは、それなりに練習したと思う。一応、評価しよう。

ラストのアクションシーンは、一応評価しよう。監修が、メル・ブルックスになっていた。まだ、生きていたのか。おバカ映画の先駆けみたいな監督だ。一応、高く評価しよう。

フレフレ少女は、どうしようかな。観ようかな、止めようかな。タイトルが悪すぎる。やっぱり止めよう。お金がない。下旬には、観たい映画があるので、予算をそっちに回そう。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック