マンタマンタに告ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホテル刑務所の経営はできないかな

<<   作成日時 : 2008/10/15 07:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スキマ産業として、相変わらず下らない商売を考えた。妄想は大好き。「仮想刑務所」をホテルにした商売は、できないであろうか。

ホテル業界も衰退している。たまには、趣向を変えた事業も良いと思う。法務省の担当官、刑務官を天下りさせて、彼らの知恵を借りる。基本的には、民間経営だ。

最近の犯罪者は、簡単に罪を犯して、やたらと刑務所に入りたがる。一度、中学生時代から1泊2日でもよいから、体験学習をさせる必要性があると考える。

ホテルに入ると、衣類、持参品を受付に渡す。持病薬は持ち込み可能。その場で、手錠を掛けられる。逮捕・監禁、留置所、裁判所、有罪判決、移送、そして刑務所に入る。

受刑者の服を着る。自分の部屋を確認し、入室する。殺人の間・強盗の間・詐欺の間・窃盗の間・痴漢の間・性犯罪の間・誘拐の間・大麻の間・自殺未遂の間。

死刑囚の間・独居房の間・交通事故の間。イスラム教徒の間・キリスト教徒の間・外国人の間。囚人80歳の間。贈収賄の間。再審請求者の間。その他、色々な間を併設させる。

作業場では、黙々と与えられた作業をする。会話は厳禁。一斉に、入浴。食事は、本当の受刑者の食事をとる。希望者には、刑務官の仕事もできる。

タバコ・アルコールは、厳禁だ。外出は一切、許されないが、脱走は可能、但し返金はなし。当然トイレはまる出しで、監視カメラ付(但し、機能していない)。

定刻に、就寝・起床。食事。絞首刑の疑似体験もできる。そして、出所だ。後日、アンケート資料として、感想文でもホテルに送付していただければ、幸いである。

最近、民間の刑務所が建設された。快適で理想的な施設を目指して、刑務所も進化してもらいたいものだ。利益がでるかなー、赤字になるであろうなー。

「仮想刑務所ホテル」が、日本に1つくらいあっても良いと思う。この宿泊体験で、犯罪が激減すれば、赤字でも大成功である。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホテル刑務所の経営はできないかな マンタマンタに告ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる