マンタマンタに告ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 医療ミスだー外来師長を訴えてやる

<<   作成日時 : 2008/10/18 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

信じられなーい。ありえなーい。超常現象だー。総合病院に行った。奇怪で、不可思議なことが起きた。総合受付を終えて、整形外科の受付に診察カードを手渡した。

予約なし。今回、諸事情により飛び込みで医師Aを指名した。担当者は、「少々お待ちください」と言ったきりその後、応答がない。

しかも、番号札をもらっていない。そのうち、どこからともなく、何度も「マンタマンタさーん」という声が聞こえた。同姓同名が、いるのかな。

他人事と思い、新聞を読み、2時間も待っていた。いい加減疲れて、ロビーをウロウロしだした。総合受付に立ち寄り、ちょっと尋ねてみた。

以前の主治医Bが、今年の7月で退職したようだ。通常は、4月に移動だ。中途半端だ。何か起きたのかな。高額な給料で、引き抜かれたかな。

もう1つ、問い合わせた。ロビーで名前を呼んでいたのは、誰だったのかな。担当者は、パソコンを開いた。あれあれ、何かおかしい。診察カードが、なぜか内科に行っている。

内科の看護師が、何度も自分を呼んでいたのだ。なぜ、なぜなぜ? 総合受付で、担当者が間違えて、他人の診察カードを取り違えたか。いな、取り違えていないようだ。

となると、整形外科で提出した診察カードが、誰かが内科に持参したということだ。どうりでいつまでたっても、自分の氏名が呼ばれないはずだ。

明らかに、医療ミスだー。死んだらどうしてくれる。事務局は、慌てた。原因は分からないが、平謝りだ。そこへ、事情を知らない、たまたま立ち寄った外来師長がやってきた。

「おい、外来の責任者は誰だ?」と、問い詰めた。文句を言ってやった。「あたしは、関係ないわよー」と開き直っている。「事務局の問題でしょう」だ。

ざけんな。このババアに対し、損害賠償を求めた。25歳以下の美人の看護師2人を連れて、ディズニーランドに行きたいな。5日間の宿泊。

交通費、食費、宿泊費、遊行費などは外来師長のポケットマネーで支出してもらおう。「あたしが、ついて行ってやるわよ」と、返事が返ってきた。ブス総合病院は、いらない。

ミス総合病院が好き。この外来師長は、整形外科で入院していた時の師長だった。

これは、医療ミスといえるのだろうか。事務局ミスか。それにしても、どのような経路で整形外科の診察カードが、内科に移動するのであろうか。

他人にとっては、小さくて下らない事件かもしれない。こういう事件は、もういい加減にしてもらいたい。何で、こんなに訳の分からない小さな事件が、自分の身に降りかかるかなー。

自分の人生は、ありえない事件が多すぎる。しかも、他人に振舞わされている。自分の力では、どうすることもできない、得体の知れない力がどこかで働いている。

自分の未来に、希望を抱くことに怖さを感じる。嫌気がさしてくる。呪われているのかな。この呪縛から、どうすれば逃れられるのであろうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
医療ミスだー外来師長を訴えてやる マンタマンタに告ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる