橋本知事VS朝日新聞社説VS光市弁護団と

橋本知事(当時)が、光市弁護団に訴えられて、裁判で負けたようだ。業務妨害、損害賠償800万円。その判決を尊重して、朝日新聞社が社説に掲載したらしい。

橋本知事は、控訴した。その後、朝日新聞の社説に対して、反論したようだ。個人的な意見を述べると、橋本知事の行動・言動は正しい。と考える。

橋本知事は、光市弁護団に対し業務を妨害する目的で、テレビで発言したのだ。確信犯だ。あの弁護団の行動を阻止するために、主張しているのだ。

弁護団の行為こそが、「不当」なのだ。被害者の遺族に対して、イジメを実行しているようなものだ。訳の分からない言い訳で、死刑判決を否定している。

遺族の心情を無視している。許せない。不当な言動・行動を見抜くことが出来ずに、裁判所は橋本知事に賠償判決を下している。

その判決の客観的な表現だけをとらえて、社説は述べている。誰だ、この社説を書いたのは?
毎回思うが、誰が書いているのか、いつも疑問を抱いている。

時に新聞記事は、顔写真入りで記者名を掲載していることがある。なぜ、新聞社は社説を書いた人名を記載しない。テロに狙われるからか。記述に自信がないからか。

社説と言えども、実名のない記載は、いわゆる新聞版の「ブログ」みたいなものだ。実名を名乗れないのであれば、橋本知事を批難することは認めない。

誹謗中傷であれば、自分のブログにでも書くことができる。橋本知事は、朝日新聞のブログを見て反論しただけだ。朝日新聞が橋本知事に対して、訴訟を起こしても、負けるぞ。

お互い、表現の自由がある。本気で橋本知事を批難したければ、社説の担当者は、実名で勝負しなさい。

橋本知事は、ボランティアとして、隠れた弁護士として、被害者(遺族)と暗黙の契約を交わしている。橋本知事は、被害者側
の弁護士として加害者と戦っているのだ。

加害者側弁護団は、不当に裁判を長引かせ、不当な発言で死刑廃止論を主張している。不当な弁護団が、正当な弁護士(橋本知事)の業務を妨害しているのだ。威力業務妨害罪で起訴されるのは、加害者側弁護団のほうだ。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック