津波・高潮・あびきは怖いぞと

●津波は、地震によってもたらされる。高潮は、台風や嵐などによって波が高くなる。「あびき」というのもあるようだ。知らなかった。

「あびきとは、長崎湾で発生する副振動のことをいい、30~40分周期で海面が上下振動します。過去には大きなあびきで係留していた船舶の流失や低地での浸水被害が発生しています。

あびきの語源は早い流れのため魚網が流される<網引き>に由来すると言われています。現在は長崎に限らず、九州西方で発生する同様な現象に対して広く用いられるようになっています。長崎海洋気象台より」。

海上に超密度の高気圧の塊が発生し、それが海面を押し下げることで周囲の波が高くなる。波が湾内に入れば、さらに狭くなりその波が高くなるようだ。

1979年3月31日に、発生している。それ以前には、発生していないのかな。「あびき」とは、この時に生まれた言葉なのか。

近年の津波でも、2mの話を聞かない。50センチくらいだ。これからは、2階で暮らすようにしよう。九州だけの出来事なら、関係ないか。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック