不動産がみつかったぞーと

●物件を探し始めてから、2週間目。1件目の保証会社の審査が厳格すぎたために、拒否された。2件目で、ようやく入居許可が出た。やったー。

どうやら、不動産屋の一声ではなく、管理会社の助言で審査が通ったようだ。不動産屋の営業マンは、能無しか。
宅建主任者(40歳前後の美人女性)も、スタッフも能無しか。次に物件を探すときは、この管理会社と取引をしよう。

この不動産屋は仲介だけで、重要説明は管理会社が実施した。宅建主任者は、30歳前後の美人女性だった。女性の主任者が多い会社のようだ。

総額、51万円も要した。現金で支払った。想定の範囲内だ。通常、保証会社には家賃の「50%」を支払うようだ。
店舗も兼ねているので、「100%」になった。痛い。それゆえに、火災保険も割高になった。激痛だー。

一戸建て(5DK)で映画館に近い、大通りに近い、住居兼店舗、駐車場近しだと、そうそうない。立場が弱いから、渋々署名捺印した。

やっと、これで独立開業ができるぞー。住所が確定すれば、訴訟も起こせるぞー。自分のお城が、やっと持てたぞーと。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック