マンタマンタに告ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画出産のお仕事に告ぐ

<<   作成日時 : 2009/06/02 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●笑った、笑った。谷原の3枚目的な演技が、面白くて光っていたな。「ナースのお仕事」のスタッフが再集結した、東京流OL出産コメディかな。

ハリウッドなら、仕事と出産のサクセス・ストーリーになると思う。ありさの体格は、でかいなー。男性的。松下も伊藤も、デブになったなー。タイトルは「ベイビー…」ではなく、「デーブ・デーブ・デーブ」がいいかも。

念願だった、創刊の編集長を任せられた、ありさ。30代。ベトナムで、酒の勢いで妊娠をしてしまった。

仕事か出産か。セレブで豪華な生活を捨てて、2LDKの家に転居すべきか。お金のない、報道カメラマン谷原は、父親になる夢を求めた。

産婦人科(由貴)で、ありさは、松下・うの・その他2名の女性と知り合う。不妊治療を受ける伊藤。各自の夫婦愛、個性を存分に引き出しているな。

そんな中で、由貴は独身で、子供がいない。認知症の母吉行を看病している。子供のいない由貴が、みじめに思えてくる。

そして、満月の夜。月の重力、潮汐作用により、血圧が高まり陣痛が始った。妊婦は出産に襲われる。ありさの戦いは、始まった。

由貴にとって、それは失敗の許されない戦争だった。まさに、ドタバタ・コメディの本質をついていた。医者は1人。
そこに、1人の救世主が現れるのであった。

それにしても、吉行のボケ役は、似合わないなー。目元にシワがない。キレイすぎる。ボケ役は、南田洋子がいいな。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画出産のお仕事に告ぐ マンタマンタに告ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる