映画セルラー香港版に告ぐ

●ハリウッド版も面白い設定だったけれど、香港版は、さらにパワーアップしているな。香港がマネをするのも、珍しい。

冒頭で、自動車炎上事件が発生した。麻薬絡みのようだ。その後、ロボット設計士の女性が、突然誘拐された。理由は分からない。弟が、絡んでいるようだ。

建物に閉じ込められた。固定電話は、破壊された。設計士だ、配線をつなげば通話ができる。借金取りのしがない男性に、通じた。白バイ隊員は、当てにならない。

男性は、息子との約束を破り、女性を助けようと翻弄する。目的のために、次から次へと町や自動車を破壊しまくる。そのうち、指名手配される。

今回、カンフーは得にない。それでも、香港らしいカーアクションが、ふんだんに盛りこまられている。岩場のシーンは、どうやって撮ったのだ。CGかな。

コーラ積載車も、よく撮ったなー。一発勝負かな。失敗は許されない。カメラは、何台使ったのかな。敵は、トンでもない相手だった。敵なのか味方なのか、分からなくなる。

そして、ついに交信が途切れてしまう。次は、どうやって応答するのか。香港警察と白バイ隊員が、ようやく敵の存在に気づく。

敵を逮捕しても、まだまだ物語は終わらない。男性は、その女性と娘と弟を救えるのか。実の息子と姉との間に、信頼を取り戻すことができるのか。

意外と、見ごたえのある作品かな。三菱が出てきたな。ジャッキー作品も、三菱を起用している。香港映画界は、三菱が支配しているのか。エンディングの使い方が、面白い。

日本がリメイクしたら、制作費を回収できないだろうな。2週間の上映で、終わりかな。





セルラー [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2005-08-26

ユーザレビュー:
今はauだよね・・。 ...
携帯電話が主人公警察 ...
使える映画情報の授業 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック