映画レックレックに告ぐ

●2年前、1を映画館で観た。本日、2を鑑賞する日だ。レンタル屋には、3回ほど通って、やっと本日借りられた。急いで見た。忘れているなー。

1もグロいけど、2もグロいな。1では、小さなテレビ局のカメラマンだった。2では、特殊部隊員4人と博士(?)が、登場する。

4人のヘルメットに、小型カメラがついてはいるが、担当カメラマンは1人だ。1は室内だが、2では多少、外が描かれている。群衆が集っている。

1で、数名の学者たちが入った2時間後から、物語は始まる。そこへ、特殊部隊が入る。1の最上階の部屋に、直行した。そこに、ゾンビの答えがあった。

ウィルス(酵素?)を研究していた男性と、博士はつながっていた。博士の目的は、ゾンビの血が欲しいようだ。ウィルスだけでなく、悪魔も登場している。おいおい。

2では、カメラが電池切れになる。レックが、終わってしまうではないか。しかし、次のカメラが待っていた。でもこいつら、危険な行動をしているな。アホ。

1では、中途半端な終わりかたをしていた。2で、その謎が次第に明らかになる。カギは、1で登場した、汚染源となる謎の少女だ。

その少女によって、女性アナが消えた。果たして女性アナは、2では、ゾンビになっているのであろうか。

ガラガラにやせたこの少女、CGかな。実際に、こんな女性はいないであろう。特殊メイクでも、ガラガラの役はできないはずだ。

3が、ありそうだな。ゾンビに、知恵や特殊能力がつき始める。封印が破られた時、ゾンビは外に出ることを考えるのであった。外に出て、悪魔は何をしたいのであろうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック