映画携帯彼女に告ぐ

●携帯小説から生まれた、恋愛映画だと思っていたら、幽霊が出てくるホラー映画だった。館内は、自分とギャル2人だけ。すくなーい。

女性監督か。セットなどの作り方はちゃちいけれど、けっこう、怖さがあったな。炎上シーンは、CGでごまかしてい
る。本当の煙は、真っ黒だぞ。即死するぞ。

1年前に、川島の彼氏が、ビルの放火事件で死んだ。そして現在、仮想の男性と擬似恋愛ができるサイトがあるようだ。恋愛度数、100か0になると、死んでしまうらしい。

友人が、そのサイトを利用して死んだ。女性顧客全員が、死ぬわけではないようだ。13人の擬似男性を登録すると、幽霊に狙われるらしい。男性が登録しても、死なない。

死人のそばには、なぜか毎回川島がいる。警察は、川島を疑う。それにしても、刑事は2人しか出てこない。捜査が、手ぬるいな。自殺か事故死扱いで、終わりか。

会社やサーバーは、どこにあるのだ。発見が、遅すぎるし、場所も遠すぎないか。いつの間にか、周囲は暗くなっている。いつの間にか、朝になっている。短い、夜だな。

ラストは、簡単には終わらせない。簡単に、幽霊も退治されないぞと。やっと退治したと思ったら、次の事件が訪れる。多分、続編はないと思う。

上映前から館内に、主題歌が流れていた。この歌手、歌が下手。聞いていると、腹が立ってくる。イライラしてくる。発音が、悪い。この歌手、どこから見つけてきたのだ?

この映画、携帯電話を使った新手のホラーだな。ハリウッドで、リバイバルしそうだな。ハリウッドも、日本的なホラーに関心があるらしい。

この2人のギャル、上映中もおしゃべりしすぎ。2対1だから、立場が悪い。注意できない。そのうち、シーンとしてくる。

「観るんじゃなかったー」と、嘆いていた。受付のおばさんに、怖かった感想を語っていた。そういうお客は、初めて見た。上映後の感想は、2人で語りあえ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 早漏対策グッツ

    Excerpt: 早漏の原因が「脳の働き」であるとかきましたが、さらに以下の3つのタイプに分けることができると思います。でも、こういうクリニックでさえ、医学的に(肉体的に) Weblog: 早漏対策グッツ racked: 2011-07-03 00:10