結局赤字国債発行かい民主党さん

●子供手当て、高速道路無料化などなどと、でかい口を叩いていた。予算は、どこから捻出するのだ? という疑問は選挙前からあった。やっぱり、無理が生じたな。

各省庁で補正予算を見直して、2兆5000億円しか削減できなかった。当初の見込み予算額が、確保できなくなった。

消費税は、増税しない。国債は発行しないと、公約していたにもかかわらず、結果的には通常の国債ではなく、赤字国債を発行することになりそうだ。

40兆円の国家収入しかないのに、その倍の予算を例年、支出している。国が壊れて当然だ。今年度は、不景気のあおりを受けて、減収するのは目に見えている。

民主党は、今年もまた、40兆円の税金が確保できると思っていたのかな。自民党もそうだけど、民主党も官僚どもも、ウソばかり。ウソでしか、政治はこなせないのか。

期待はしていないが、一応、とりあえず、民主党に旗を譲って、どこまでできるか傍観してみようという気持ちで、今回の選挙は実施された。国民は、投票したと思う。

細川政権は、6ヶ月で破綻した。民主党も、6ヶ月で破綻かな。6ヵ月後に、衆議院選挙があるかもしれないぞ。否、衆議院・参議院、同時選挙だ。

自民党は復活すれば、官僚主導型も復活する。八ツ場ダムが再開する。インド洋給油も再開される。国民より、自民党が第一。昔の方法に戻る。

どの政党になっても、酷政には変わりないか。政治家・官僚たちの暮らしがよくなっても、貧民国民の生活はさらに悪化するだけだ。

自民党に政権が戻っても、赤字国債は、また発行されるだろうな。2大政党があるからいけない。日本から「政党」を排除すればよい。政党禁止令だ。

親分子分の、小さな派閥だけでよい。党議拘束は不要だ。議員1人1人の意見が通らないなら、政党は存在しないほうがよい。個人議員に、1票を投じたい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック