映画デビル・ハザードに告ぐ

●何だかなー。ホラーだと、何となく、食いつきたる自分が情けない。D級映画か。小さな配給会社が、運営しているようだ。

ゾンビか、ドラキュラか。どうも、本物の「悪魔」が登場するみたいだ。中東で、古代遺跡が発見された。しかも、900メートルの地下に存在している。

研究隊が消息不明になり、CIAから7人の兵士たちが送りこまれた。生存者1名を救出することだ。それ以外は、極秘だ。

生存者を発見したが、すでに悪魔の子分が憑り付いている。のり移り方が、気持ち悪いな。映画のエクソシストみたいだ。

悪魔に魅入られると、幻覚を見せられるようだ。自分の良心の呵責が、現れる。愛する人の全裸も現れる。

悪魔の親分が、古代人によってつかまっている。外へ、出すわけにはいかない。CIAは、なぜ彼らの部隊を指名したのか。

配属された、この女性の本当の目的は何か。それは、部隊のある人物に接触するためだった。果たして、誰が殺され、最後に生き延びるのは誰であろうか。

それにしても、簡単な逃げ方だなー。ちょっと、迫力に欠けるな。下らない内容だけど、続編ができそうだな。次回は地上で、悪魔と神父が戦うのかな。

チラシには、豪華キャストと記載されているが、全然知らないぞ。監督の父親(超有名人)を、出演させるべきだったな。ショーン、カムバッークっ。

ちなみに、観客は、自分1人だけだった。貸しきりだー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック