銭湯が1回245円だぞー

●自転車で10分の場所に、ジム(A)が開業した。駅前周辺には、他にも2件(B・C)ある。Bは2年前まで、毎週1回(月3700円)は通っていた。

ところがAは、月6800円で週6日、通える。12ヶ月の一括払いをした。1ヶ月分が、特をする。計算すると、月26日で1日あたり、245円になった。

Bのプールは、レーンが2本しかない。歩行プールも狭い。ジャグジーやらムダな空間ばかりが多くて、水泳場は混雑していた。ジムの面積も狭い。スタジオは、2つしかない。

Aのプールは、10レーンくらいある。広いし、有効的に空間を使っている。ジムも広い。ジョギング・自転車などのマシンは、多すぎる。逆に余っている。

スタジオ(無料・有料)には関心ないが、3つある。広そうだ。Bとは違い、利用者も多いみたいだな。スパは広いが、かけ湯は熱いぞ。

この施設だと、BよりAのほうが上だな。ムダな空間がない。サウナが広い。でも、トイレの洋式が少ないな。体重計も、アナログで見づらい。

水飲み機がない。血圧計の操作が、分からなかった。見たことのない器械を、置くな。まだ、始まったばかりだ。
むしろ、月6800円は安すぎる。つぶれないか。そっちのほうが、心配だ。Bも2年前、他社に移譲された。

ジム業界も、栄華盛衰が激しい世界だ。特に、プールやスパの維持費は高額だ。半年後に倒産していたら、納めたお金が返ってこない。どうしましょっ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック