映画愛・おぼえていーますかっ?に告ぐ

●この昔の歌を歌われるのかと思ったら、全くなしか。ガッカリ。1982年時代のマクロスしか覚えていない。と言っても、それもあまり見ていない。

挿入歌はでてくるが、何だか感動するほどの歌ではないな。何をしゃべっているのか、歌詞が理解できない「愛…」のイメージが強すぎて、駄作に思えてしまう。

これは、昨年テレビ放映された物語の、縮小版か。続編か新作版か? これが放送されていたことすら、知らない。ようするに、素人はテレビ版など一切無視して、鑑賞しよう。

光線や波動砲(?)の動きはリアルで、迫力がある。動きが早い。反面、何がどう動いているのか、さっぱり分からん。こういう欠点があるとは、思わなかった。

昔のアニメのように、ゆっくりと戦うシーンのほうが、余裕をもって安心して鑑賞できるな。ヤマトも、動きが早いのかなー。

ハリウッドの立体感あるCGアニメより、日本の2次元的なCGアニメのほうが、マンガっぽくて面白味があるな。懐かしさを感じる。

内容が、さっぱり分からない。敵と味方は、誰なのか。誰と戦っているのか。敵は、何者なのだ? 移民船団マクロス。別の船団(名称は忘れた)からやってきた、歌手。

謎の生命体(?)、バジェラ。SSSなる民間ロボット軍団。で、政府軍のロボット隊や戦闘機は、登場したのかな。展開が早すぎて、よく分からん。

日本も、本当にロボットマンガが好きだよなー。そこへ、歌手・歌舞伎役者が登場するという設定も風変わりだな。
少女が歌うとき、バジェラがなぜか反応してしまう。

理由がないまま、終わってしまった。と思ったら、何だ「予告編」って? 続編があるってことか。また、観に行けってか。

大学時代までなら、アニメを見ていた。最近は、アニメソングがない。ムカつく。今の子供たちに、将来、思い出や懐古を残せないだろう。

海外だって、アニソンがあるからこそ、人気を保っていられるのだ。製作者よ、復活させてもらいたいものだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック