公正証書遺言は大変だぞー2

●実家に帰った。そこの弁護士と、相談をした。弁護士に依頼すれば、住民票を取得できる。ご好意に甘えて、住民票2枚で600円。手数料400円で済んだ。

市役所へとりに行くのは、弁護士ではなく職員のようだ。おいおい、法律ってそんなもんかい。でもこれで、遺言書を作成できる。

自宅に戻り、公証人役場へ行った。やばい、実家の課税評価証明書を取り寄せていない。幸いにも、H19年度のコピーで、適用できるようだ。良かった。

印鑑証明書を忘れた。これは、すぐ取得できるから問題ない。遺言執行者を、指定しないといけないみたいだ。それは、被遺贈者に兼任してもらおう。

財産目録の提出も、必要のようだ。預貯金や保険などの提出も、求められた。結構、面倒くさいなー。

証人2名も必要だ。司法書士の職員(費用5000円)が、代行してくれるようだ。今回は、書類の確認と顔合わせみたいなものだ。

書き方に関しては、後日、通知がくるようだ。次回までに、書類をそろえておこう。2回目で、合格点が取れるかなー。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック