映画ペルシャの王子に告ぐ

●最近のジェリー(製作者)は、ディズニーにやたらと加担しているな。費用が捻出できず、ディズニーに支援を求めるしかないのかな。

上映前の予告編も、全てディズニーだらけの新作だ。ディズニーは、映画制作に力を入れているな。「トロン」は、懐かしいなー。当時はCGなどないから、続編だろうな。

とある帝国を壊滅させた、王子A(義理の息子、3男)。イラク問題ではないが、王子B(長男)が探した武器を発見できなかった。そこで王子Aは、短剣を手に入れた。

過去へ、数分間だけ戻ることができる、神から授かった短剣だ。でも、起動力となる砂を使い果たしてしまった。そんな時、国王が殺害された。王子Aが、疑われた。

真犯人を突き止めるべく、帝国の姫と砂漠へ逃亡した。神の砂は、ある場所にあった。それを使えば、過去へ遡り、真犯人を見つけることができるのであった。

この主人公の顔立ちは、パッとしないな。アメリカンアニメに登場しそうな、顔だな。スタントなしで、好演したみたいだが、将来、活躍するかな。

観ていると、時間の砂を使わなくても、犯人を捜しだしている。ファンタジーとしては面白いが、この短剣・時間旅行は、必要がない設定だと思う。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック