映画東京都の島に告ぐ

●忘れた頃に、こういう無人島を題材にした漂流映画が、上映されるな。無人島とは、徳之島などが舞台のようだ。

アベックの2人、木村と鶴見。その後、16人と6人とが、集まってくる。派閥が構成され、お互いに対立する。死者が出るが、殺人事件なのか自殺なのか、よく分からない。

木村は、女王様扱いされる。狼となった男性たちは、協定を結び、理性で性欲を抑えようとする。とはいえ、30歳過ぎのおばさんには、関心がないみたいだな。

無人島に、理系・文系の東大生が漂着したら、効率よく島の生活を過ごせるだろうか。すぐに、死亡するかもしれないな。それにしても、ケンカの場面は、貧弱だな。

全員、助かるのかなーと思ったら、何だかなー。テーマは、「薄情」か? 木村は、自分だけ助かろうとする。ずるい女性だ。性格、悪い。 

次回のサバイバル映画は、地下鉱山からの脱出を製作しよう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック