映画冷凍に告ぐ

夏なのに、なぜかスキー場が舞台の映画だ。配給会社は、何を考えているのだ? 季節を無視するな。冬に上映しなさい。

それにしても、もしも起きたら、背筋が凍りそうだ。スキー場で、バイトをしたことがあるから、だいたいのことは分かる。

こういうことは、ありえない。アホなリフトマンといえども、こういうミスはしないだろう。改札と乗り場が、同じであるはずがない。アメリカでは、同じなのか?

リフトの最後に乗るのは、パトロールだ。客が、最後には乗らない。でも、絶対とは言えない。間違って起きたら、寝れば、一晩で凍死するだろう。

アメリカのスキー場だから、オオカミが登場する。高さ15m。果たして3人は、生還できるのだろうか。

観てないが、ダイバーが漂流する映画もあったな。この手のチョビ・パニック映画(?)は、普及するのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック