映画恐怖に告ぐ

●幽霊は信じないけれど、ホラーは大好き。何の情報もなく、適当に観に行った。タイトルの意味が、よく分からない。

全然、怖くないぞ。適当に、つけるな。不自然でいい加減なタイトルだと、観客はこないぞ。赤字になりそうな、映画だな。

この映画では、幽霊を「側頭葉」の説明によって、解明している。医学的に、幽霊の存在を否定しているだけに、もう恐怖が半減してしまう。

「白い光」が、物語に関係しているようだ。この謎を解いたとき、母片平は、対決を決意するのであった。

それにしても、日本のホラーのラストは、相変わらずつじつまが合わない。映画終了後、「恐ろしい」ほどに考えさせられるラストは、勘弁して。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック