映画来世に告ぐ

●「シックスセンス」のように、ドンデン返しがあるかと思ったら、何もなし。アクションもなし。

ゆっくりと物語は流れるが、人間ドラマとしても、ちょっとガッカリ。後ろの席のおばさん2人は、涙腺を濁らせていた。

手に触れただけで、愛する人の死者を見ることができる、マット(サンフランシスコ)。廃業後も、4~5人の人をついつい、見てしまう。ロンドンで、双子の兄を亡くした弟。パリでテレビ局の司会者をしていた、女性。

津波の影響で、何か、来世(ヒアー・アフター)を感じてしまったようだ。その3人が、ある街で合流する。で、何かが起きる? 

120分以上の映画だけど、90分くらいに編集できそうだな。来世というより、現世の物語だな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック