映画自動車のガリバーに告ぐ

●まー、お子様映画かな。理論武装派の大人が観るには、苦しいものがある。原作では、ガリバーは医師のようだな。ここでは、社内の配達係りになっている。

ラピュタは、登場していない。ちょっと、期待していた。残念。小人の国は、昔のイギリス風だ。いっそのこと、小人の国を近代化の世界にすればよいのにと、思った。

現代版だけに、アイフォーンに、ロボットなどが活躍している。ジャックだけがよい演技をしているが、他の役者は、パッとしないな。

2Dで、吹き替えだ。字幕版が、観たかった。内容的には、「真実の等身大の勇気」がテーマかな。物語はしょぼいが、テーマを守られているから、一応救われている。CGや、製作のスタッフには、努力賞を上げよう。

小人の国には、中古車屋は、ないのかな。


●スクランブル・ジャックin渋谷。著者マンタ。文芸社。電子書籍、500円。


シナリオ スクランブル・ジャックin渋谷
文芸社
マンタ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シナリオ スクランブル・ジャックin渋谷 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




●ジェネシス(創世記、第一巻)。著者マンタ。日本文学館。ただ今、絶版中。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック