映画天使の戦いに告ぐ

●何だかなー。現実と妄想と超妄想が絡み合って、物語がよく分からない。ていうか、観客を無視して、監督が好き放題で描いているのだろうな。

監督は、親日派か。ウォゥシャウスキー兄弟みたいに、日本のアニメ文化に浸った1人か。主人公は、セーラームーン・プリキュアをマネしているな。バトルスーツを着ないと、危ないだろう。

大魔神もどきが、出演している。ギリシャ時代を設定した場合、でかい刀が登場するだろう。通常の世界では、やはり「日本刀」が使いやすいな。くノ一も、もじっているな。

CGだから、有名人を起用すると、製作費が破格の予算になってしまう。新人を使うほうが、得策だろうな。その分、知名度・宣伝力も低くなってしまうのが、欠点だ。

精神病棟・劇場から脱出するには、5つのアイテムを手に入れないといけない。だが、5つ目のアイテムは、謎を残したまま参戦する。果たして、5つ目は何なのだろうか?

2週間で、上映が中止になると思っていたが、映画の日まで上映していた。上映15分前(八日目の蝉)に、着いた。

ドッヒャーっ! 廊下まで、並んでいる。こんなの、初めてだ。それも、親子連れだ。アニメが目的だな。もっとも、こうなることを予測して、前日に、チケットを購入していた。





ジェネシス創世記 第1巻
日本文学館
マンタ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジェネシス創世記 第1巻 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック