エキストラだぞー2、弁当編。

●お客が来ない自営業だから、平日でも、どうにかエキストラの参加には応じられる。エキストラは、ボランティアだ。無報酬だ。良くて、弁当がでるくらいだ。

弁当が貧弱だと、出演者・スタッフは、やる気を失せる。弁当が、豪華でないといけない。担当者の実力が、試される。これは、見た目1000円の弁当かな。

割りばしの紙袋を見ると、会社名が記載されてある。たまに原付で通る、あそこのお店か。東京の製作会社が、市民でも知名度の低いこの店を、知るわけがないよな。

役所が、競争入札をかけて、手配してくれたのかな。大きな弁当だけど、俺なら食べ切れる。無理矢理ダイエットをしている女性は、残しているのではないか。180ccのお茶缶でも、残す女性もいた。

公共施設の一角で、エキストラ20名は遅れて食べた。そこでは、すでにスタッフが食べ終えていた。芸人たちは、別の場所で、食べたのかな。気付かなかったけれど、監督もいたようだ。

みな私服で、誰が誰だか分からない。入館証はあるが、氏名・担当が記載されていない。

夜まで撮影が進めば、夕食弁当(1000円?)にもありつけたかもしれない。1日で、2食分浮く。だが、終わったのは15時だった。残念だ。

帰宅して、夕食を作るのが面倒くさいから、近所のスーパーの弁当(30円引きの320円)で、その日は済ませた。夕食弁当を、食べたかったなー。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック