映画トランスフォーマー3に告ぐ

●DVDで、前2作を見直しても、ロボットたちの複雑怪奇な構造・動きが、理解できない。変身が早すぎて、さっぱり分からない。目が、ついていけない。目が疲れる。 元々は、子供向けアニメなのだから、単純な作りにしてもらいたい。これだけ細かくて複雑なロボットだと、CGの製作も大変だろう。このCGだけでも、製作費が高額そうだ。でも、セットもま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈瘤を施術してみたいなと。

●整体・足裏マッサージを営んでいます。まだ試みたことはありませんが、「静脈瘤」のお客様を施術してみたい。ふくらはぎにある静脈の弁の機能が低下し、血流が悪くなるらしい。 その結果、ミミズがはったようなグニャグニャな血管が、ふくらはぎに浮き出てくる。外科的には、人口血管を埋め込んだり、自分の血管を体内から移植する方法をとるようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画コクリコ荘に告ぐ

●ジブリ作品は、やはりファンタジーものが合うな。叙情詩的なものは、実写にしてもらいたいものだ。駿の企画だから、吾郎監督も製作者鈴木も、文句を言えないのかな。文句を言えよ。 ていうか、吾郎監督は、叙情詩的な作品を今後、作り上げていきたいらしい。それはもう、ジブリではない。アニメでもない。路線を変えるなら、吾郎は独立してもらいたいもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ハリポタ8に告ぐ

●とうとう、この作品も最後になってしまったか。「ハリポタ・ビギンズ」のスピンオフは、ないのかな。原作がない以上、無理だろうな。勝手に製作し、独断で脚本を書いたら、作者から訴えられる。 7巻も、前編・後編に分かれていたから、この映画は、原作に近い内容だろうと思う。自分の本は売ってしまったので、物語を若干、忘れてしまった。 6作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD黒船に告ぐ

●ジョン・ウェイン出演のDVD(約3500円)ということで、激安(1000円)で販売されるまで、5年以上も待った。やっと、購入したぞと。 黒船というから、ペリー提督の物語かと思ったら、1856年、日本の総領事館タウンゼント・ハリスと、芸者お吉との恋愛ものだった。だったら、タイトルは「ハリス」でもいいだろう。まぎらわしい。原題は、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ出演だぞーと

●とあるエキストラに出演し、そこで知り合った男性が、たままたラジオのスタッフだった。その縁で、ついにラジオデビューした。事前の打ち合わせがないから、当日まで、ドキドキハラハラだった。 前日に、電話連絡があった。「放送30分前に、来てください」と言われた。よかったー、素人を相手にしたドッキリでなくて…。そして当日、何が起きるか分から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画マイティーの木曜日に告ぐ

●アメリカンコミックの場合、日本とは違い、著作権は描き手でなく、出版社にあるみたいだな。何年経とうが、時代は変わろうが、漫画家を変えることができる。 漫画家が死んでも、出版社がつぶれても、著作権がある限り、それを他社へ売買もできる。個人的に、著作権は原作者に付与したいな。イメージを、大切にしたいな。何よりも、原作者が儲からない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画犬飼さんちの犬に告ぐ

●この映画に、原作はあるのか。チラシを見ると、「原作・原案・著」って、書いてある。これは、なんぞや。実話では、ないようだな。それにしても、日本は、本当に犬の映画が、好きだなー。 私生活の小日向は、犬が大好きなのに、映画の中では、大嫌いな役を演じている。しかも、成り行きで2役だ。いつもは脇役なのに、主役を演じられて、良かったね。笑顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画スペイン・アンダルシア州ロンダ市に告ぐ

●アマルフィーと比較すれば、こっちの作品のほうが、まだましかな。気持ち、小ドンデン返しあり、かな? 警視総監の息子・谷原が、アンドラ公国のホテルで、変死体で発見される。ていうか、その前に、死んでいるはずだ。生きて、ホテルへ帰ってこられることじたい、設定に無理がある。冒頭の場面は、いらん。 邦人保護で、派遣された織田。昔、警視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more