映画Moon(原題)に告ぐ

●月に3年間、1人(A)で勤務(鉱物採掘場?)していた。地球に帰還する2週間前頃から、船外で、1人の男性(B)を見つけた。自分とそっくりな、男性だ。

この予告編を観ていて、だいたいの物語・設定・構成が分かってきたな。外れたのは、この男性が、「生きていた」ことだ。予告編では、死体だと思っていた。

つまり、A・Bの2人で、協同生活を送ることになる。Aには、妻も娘もいる。上司が、ケビンだ。1分間ぐらいしか、出演していない。登場人物も、10人ぐらいだ。

納得がいかない場面が、あった。Aが船外で倒れた時、誰が本部に連れてきたのだ? 突然、本部の診療室で目覚めている。カットしたか。

その辺から、物語の流れがつかめなくなってきた。Bは、いつ・どの時点で、現れたのだ? 内容が、分からなくなった。DVDで改めて見ないと、理解できないかもしれない。

2人は、ある部屋を見つけ、会社の悪巧みを知ることになる。そこへ、会社から、暗殺部隊が送り込まれる。2人は、無事に地球へ帰れるのであろうか。

ラストは、素直すぎるな。もう少し、映像を延長してほしいな。ヒネリを、入れてもらいたかったな。 


"映画Moon(原題)に告ぐ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント