映画レッド・スワンに告ぐ

●ナタリーも、難しい演技をこなしているな。黒と白の、二重人格者だ。ナタリーが、主演女優賞をとるだけの演技力は、確かだな。

幼少期から、無意識で自傷行為を始め、不感症にもなる。不感症ゆえに、黒鳥の演技がこなせない。過保護な母親(元ダンサー)に、問題があるのか。

白鳥の湖のバレエを見たことはないが、黒鳥が登場するのか、主役は2役もこなすのか。みんな、苦労はすれど、ここまで人格が変貌することはないだろう。

ナタリーも、もう30歳頃か? レオンの面影が、全然見当たらない。今年は、ナタリーの出演作が多そうだな。田舎町だから、全部を上映することはないだろう。

純粋な白鳥から、暗黒な心を抱く黒鳥へと変身する。2つが合体した時、完璧な象徴として、白鳥は真紅に染まる。


"映画レッド・スワンに告ぐ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント