テーマ:事件

あーあー、また自滅感を抱いてしまった

●また、巨大な妄想感・絶望感・喪失感等に浸ってしまった。夢も希望を失ってしまった。「人は、夢がなければ生きられない」というが、その下らない夢(?)に押しつぶされた。 やはり、現実の世界に、打ち砕かれた。勝てなかった。妄想から、現実の世界へと近づくことはできなかった。あせり・焦燥感が、漂っている。 飲んで、飲みまくって自分の破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなでノリピーを探そう

碧いうさぎビクターエンタテインメント 1995-05-10 酒井法子 ユーザレビュー:日本テレビ系ドラマ「 ...歌手酒井法子歌手酒井 ...名曲何度聞いてもあき ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ●亭主が覚せい剤で逮捕された。ノリピーも立ち会った。その後、なぜか行方不明になっている。携帯電話の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画上田城夏の陣に告ぐ

●結構、面白かったな。アニメは、基本的に宮崎作品ぐらいしか見ない。細田作品も、力を入れているなー。絵の動きが、細かい。絵がきれい。駅舎や電車が、きれいすぎる。 思いっきり、実名称を使っているな。長野県上田市が、盛り上がっているぞ。陣内家は、武田信玄の部下だったみたいだな。家康との戦いで、名を上げたみたいだ。 ネット調べたけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早く死刑判決を下したーいなと(裁判員編)

●本日、裁判員制度が始めて導入されたようだ。ここまで、長かったなー。選ばれた者は、どれだけ適切な刑罰を科すことができるのであろうか。女性5人、男性1人か。 自分には、いつ呼び出し状がくるのかな。早く、死刑判決を下してみたい。今回は、殺人の事実を認めているから、4日ほどの審理で終わるみたいだな。 犯人は、「72歳」か。いい年こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車が駐輪場で破壊されているぞーと

●映画を観に行くと、決まった駐輪場に置く。社有地だから、問題ない。消防法には、触れるかもしれない。映画の日で、土曜日だ。混雑しているだろうな。 初めて、近くの歩道に停めた。仲間は大勢いる。見終わった後、駐輪場に向かった。あれ、自転車がない。盗まれたか。初めて停めたのに、勘弁してよー。 やはり、いつもの場所に駐輪しておくべきだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画セントアンナ教会に告ぐ

●どこまでが、実話なのかなー。実話とは、本人が見聞したことを語ることだ。第三者(パルチザンなど)しか知らないことの出来事は、創作であって実話とは言えない。 原作者兼脚本家の叔父が、この部隊にいたようだ。また聞きか。なおさら、創作と推理が入り混じっているな。現地での取材は、十分行っているのであろうな。 1983年、ヘクター元伍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大々的な突風は怖いなー

●群馬県で午後、巨大な突風が吹いたようだ。幸いにも、死者はいない。北海道のサロマ湖周辺で起きた突風は、9人の死者が出た。デス・ストーリーだ。怖いなー。 突然の出来事だ。気象庁でも、予測はできなかった。1時間前にできる予測は、無理であろうな。できても、どこに避難すればよいのだ。建物を吹き飛ばすのだ。 突風が発生できる場所・時刻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市の犯人を沖縄で逮捕しちゃうぞ

千葉市の団地で、母親が殺害された。ストーカーをしていた犯人が、沖縄で逮捕された。次女も無事に保護された。良かったね。でも、犯人は殺人を否定している。 殺していないということは、誰が母親を殺害したのだ。次女か。栃木県で犯人らしき人物や自動車が見つかった。警察は、栃木県を中心に捜査すると思った。 その直後、2人は沖縄県にいた。ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画アマルフィに告ぐ

●「ホワイトアウト」でも、織田は佐藤浩市と共演しているな。原作者も同じ。何だかなー。まさか、まさか、同じ展開になるのではないだろうなー。 冒頭から、佐藤は何者なのか、よく分からなかった。職業不明。天海(看護師)との関係が、あまりにも単純すぎる。都合のよい、知人だ。 ロンドンから飛行機で3時間とはいえ、クリスマスの時期ともなれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒気帯び運転ではクビにならないのだ

●自分も交通事故の被害者だけに、見過ごせない判決が多発しているようだ。無事故でも、飲酒運転をした場合、懲戒処分は重いようだ。 自治体の職員をクビにしても、職員である加害者は、処分が過酷すぎると反論している。減給1ヶ月が妥当なのか。これは、一般企業の職員でも同じ結果になるのかな。 一般企業では、下らないことでも、即クビになる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画訪問者に告ぐ

●これも、上映4館から大ヒットを飛ばしているようだ。知名度のない映画は、アメリカでは最初4館から上映するのか。役者も、知らない人ばかりだな。 それにしても、この教授の演技は上手いな。受賞して欲しかったな。今年の主演男優賞は、誰だっけ? 教授よりもっと、上手い男優が受賞したのか。 編集もカメラワークも、印象的だな。この作品、扉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画事件現場の清掃人に告ぐ

●なかなか、コミカルな作品かな。エイミーは、もう30代なのか。最近、出演が少しずつ多くなってきたかな。売れてきたかな。 Hシーンはあるけれど、ヌードシーンはなし。つまらん。子供が出演しているから、教育上問題あるか。父、自殺した母、妹、息子、不倫相手の刑事。片腕の清掃道具屋。 この父親役は、誰? 全然知らないな。それでも、アカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党は故人献金廃止法の公約はないのかな

●民主党では、マニュフェスト(公約)を作成したようだ。14項目あるのかな。その中に、「故人献金廃止法案」はないのだろうか。 庶民である、西松建設の関係者が起訴された。秘書も起訴されたが、小沢は何の問題もないとしている。処分なしだ。全ては、秘書の責任にしている。ずるいやつだ。 その結果、秘書にはいくらぐらい裏金を手渡しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画私は知っているに告ぐ

<●1959年、予知能力のある少女が、タイムカプセルに謎の数式の紙を入れた。その50年後、ニコラス大学教授の息子が、その紙を受け取ってしまった。 その紙にふれたとたん、息子は、謎の男性たちに狙われだす。その紙の数式を、ニコラスが偶然にも解いてしまった。さすが、宇宙物理学者。 それは、過去50年間にまつわる大惨事を警告し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画カニ食いてーに告ぐ

●原作を読んだことはないが、どこまで忠実なのかな。日露戦争時代(前後?)の出来事のようだ。オホーツク海で、水揚げと同時にカニの缶詰を製造している。 兵士たちは、死にもの狂いで戦っている。それを支えるのは、安い賃金で働く労働者である。兵士のために、死にもの狂いで働いている。と、西島から洗脳される。 会社よりも、軍部のためだとウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリンクラー設置義務と放火は関係ない

●大阪のパチンコ店で、放火殺人があったようだ。4人も死亡している。動機は何にせよ、これだけの重大犯罪を実行したのだ、「死刑」しかない。 「火だるま」では、死にたくないな。突然、ガソリンをかけられた人は、たまったものではない。まさか、パチンコ中にこんな死に方をするなんて、想定外だ。 床面積3,000㎡以下だと、消防法上、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画拝啓お医者様に告ぐ

山村の医師が、突然失踪した。刑事たちが、行方を追っていくうちに、事の重大性が暴露されて行く。医師のウソに村民は、騙されていた。 それでいて、なぜか適切に治療してしまう。つまらない診察で、死人が蘇生してしまう。家族は、面倒くさいので、その蘇生を喜ばない。 医師は、治療よりも、いかにして尊厳ある死を自宅で見送るかを重視していた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁判事は過労にはならない

●何だか憲法79条6項を読むと、「最高裁判所の裁判官は、全て定期に相当額の報酬を受ける。在任中は、これを減額できない」と記載されている。 裁判所法などの法律・規則ではなく、憲法で給料が保障されている。素晴らしい。それだけ立派な、価値ある仕事をしているのであろうな。 足利事件の犯人を見抜けないで、憲法で保障される給料をもらうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり社会が政府の対応が悪い

●自分も精一杯努力して、犯罪を実効しないように理性で抑えている。でも、時に犯罪を犯したくなる心境に陥ることもある。 社会の責任にしたくない。犯罪者となる自分が全て悪い。そう言い聞かせてきた。でも最近、それが間違いであるように思えてくる。 他人を死傷させても、罪は軽い。庶民なら即座にクビになる。減給・降格処分だ。政治家・官僚・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人死亡しても危険運転ならずか

●免許取立ての大学生が、横浜の交差点で看護師3人を死亡させた。危険運転致死傷罪だと思っていたら、単なる過失致死傷罪と検察は判断した。 長くても、7年だ。時速70キロで走行。初心者だから、赤信号の見方を良く理解していなかったようだ。故意性がない。18歳だから、少年鑑別所だ。 若いから、更正の余地ありと見たらしい。3人も死なせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画朗読者に告ぐ

●ケイトのヌードシーン満載だな。タイタニックの頃から脱いでいたな。陰部の露出がないのは、残念だ。男性の裸は、どうでもいいや。 1956年、ドイツ。何か、嫌な時代だな。36歳で、15歳の少年とやってしまう。男に飢えた女性だ。趣味は、男性に本を朗読してもらうこと。 それらは、1995年の男性(弁護士)が、回想シーンとして描かれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害ある胎児の出産を禁止しよう(移植編)

●臓器移植法が、よく分からんが可決されたみたいだ。長かったなー。少なくとも、「0歳」から移植が可能になったことは良いことだ。 近年、アメリカでの移植費用は、4億円もかかるらしい。この法案により、海外での移植渡航は必要なくなった。 そもそも産婦人科では、胎児に障害があるかないか、事前の検査で分かるはずだ。出産しても、その後の治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画戦争への道の後に告ぐ

●19世紀後半、西太后の時代。太平天国の乱。清朝軍(リー将軍)と農民軍等との戦いか。反乱軍のボスの名は、出てきていない。 調べると、洪秀全がボスみたいだ。リーを描いた、実話のようだ。リーは、軍隊を全滅させた。死体に隠れて逃げ延びる、最低の将軍である。 盗賊団のアンディ。リーは、その妻シューと不倫をしてしまう。副リーダーの武。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画オリオンよ愛する人を導けに告ぐ

●原作は、福井(脚色)と思いきや、池上司(雷撃)が原作者のようだ。冒頭から、玉木の孫娘と元乗員が登場している。 「男たちの大和」みたいだ。戦争映画だと、ありがちな回想設定である。ということは、推測すると、玉木たちは「生還した」ことになる。 潜水艦映画は、両者が秘策をもって戦艦と戦闘する。頭脳戦に醍醐味がある。「レッド・オクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自白を簡単に信用するな(足利事件編)

●警察から自白を強要され、結果17年間も無実のまま服役してしまった。警察は、自白調書にサインさせるまで、どれだけの時間をかけたのかな。 自分は、交通事故の被害者。「時速30キロで走行しました」と警官に主張したが、拒否された。「どうせ、40キロで走っていたのでしょ」と返された。このやりとりだけでも、10分以上要して、署名捺印してしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画南朋はハゲだに告ぐ

●NHKのテレビは、見た事がない。NHKの主人公も、南朋か。鷲津(ワシズ)が、何でハゲタカになるのだ。ハゲワシでは、いけないのか。 やはり、NHKの番組を見ないないと、配役が分からないかもしれない。これは、続きになるのか。映画だけでは、千明と父の関係が分からなかったな。 千明は、生まれつき、口を開けるポカン顔だったか。それと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画魂に告ぐ

CGも表現の自由だから、監督に対して文句は言えない。正直言って、見づらい。アメリカン・コミックの映画化か。 出演者は、ブルーシートの背景で、大半の演技をしているということか。疲れるだろうなー。一度は死んだ、元刑事のスピリット。今は、正義の味方として、警察に協力をしている。しかも、女ったらし。スケベ。浮気症。 刑事の娘(医者)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GMを破綻させたのはブッシュかな

●GMが破綻した。燃費も悪く、大型に依存しすぎた結果だ。ストを恐れて、労働者を優遇しすぎた結果でもある。組合尊重も、考えものだな。 1990年代に、温室効果削減が京都議定書で確定された。ところが、アメリカや中国などの新興国は、条約を拒否した。 これにより、工場を守った。工場から排出される炭酸ガスが、増加した。自動車・鉄鋼産業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超短編小説「俺を死刑にしてくれ」

7人が、通り魔に殺された。加害者の動機は、生きることに絶望したことだった。それは、「死刑判決」を裁判で求めることだ。 近年、刑務所も受刑者が多くて、受け入れが困難になってきた。税金で維持するのも、限界にきている。裁判所は、平然と送り込んでくる。 裁判員Aが、加害者に質問をした。「どんな死刑方法が、よろしいですか?」 加害者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more