テーマ:医者

大量に薬を処方するな個人病院よ

●高血圧の病気で、個人病院に行った。総合病院だと、待ち時間が長い。個人病院だと、来院・診察・処方・退出するまで1時間以内で済む。早い。 せっかくだから医師に、「ついでに、セキ止めの薬も下さい」と言った。受付で、降圧剤14日分(2種類)をもらった。予算は、3000円のつもりだった。 シロップタイプと言ったはずなのに、なぜかカゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画血まみれ将軍に告ぐ

●原作は、読んでいない。倫理委員会の竹内に、告発状が届く。その後、医療会社の男性が、殺害された。警察は、自殺と断定してしまう。 病院から嫌われ者の堺。この男性から、とんでもないワイロを受け取っていた。私的流用で、退職に追い込まれる。 竹内もワイロを受け取っていたので、容疑者になった。堺を嫌う精神科医の高嶋と外科部長の平泉。事務局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保健所は個人病院を査察しよう

●眼科(個人病院)で、問題が起きたようだ。この医師は、素人か。手術前に手を洗っても、その手でドアノブを開けている。 通常は、足で自動ドアのスイッチを押すものだ。雑菌だらけのドアノブなど、触れたりはしないぞ。機械の洗浄・滅菌処理もしていない。 アイスクリーム機や米の洗浄機でさえ、毎日洗うものだ。しかも、眼科の専門医でもない。考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画感染列島に告ぐ

●まあまあかな。いつ世界的にもありうる、現実的な物語。感染パニックが発生したら、こういう対応をするであろうという、シュミレーションかな。 感染したら、総理・厚生労働省・自衛隊・首長・交通機関たちは、どうすべきか。医師・看護師・病院は、どうすべきか。現場に従事する職員が、もっとも危険だ。 感染を防がないといけない。交通機関の閉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンは打たないほうがいいかもしれない

●都内の病院で、感染が拡大した。医師・看護師・職員は、昨年の11月頃から優先してワクチンAを投与したはずだ。それでも、感染している。 ウィルスBが相手だと、ワクチンAは全く効果がない。感染して当然だ。最近のウィルスは、タミフルにも打ち勝つようだ。新薬の登場を待つしかない。 毎年、10・11月頃、自分はワクチンを打っていた。映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活支援給付金はいらない

麻生は、2兆円規模の予算で、国民に給付金(商品券)を配布するらしい。4人家族で、6万5千円ぐらいになるらしい。 手続き費用だけでも、数億円以上(?)も支出される。当時、貯蓄などに回り、景気回復には至らなかった。失敗だと考える。無駄な政策だ。 その予算だって、どこから工面するのだ。埋蔵金や、特別会計からの切り崩しか。どこの省庁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦と脳内出血と産科医と女性学と

脳内出血を起こした妊婦が、たらい回しにされて亡くなった。奈良県での事件も、脳内出血による死亡なのか。妊婦って、脳内出血になりやすい体質なのか。意外と、多いようだ。 妊婦は血圧が高く、血流量がどうしても早くなりやすいようだ。脳内での血管が、破裂しやすくなる。テレビ・新聞でも、そんなこと取り上げていなかったぞ。 これが事実なら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都よお前もか(妊婦たらい回し編)

東京都でも、7回も妊婦がたらい回しにされて亡くなったようだ。今回は、産婦人科に通院していた。それでも、ベッド・保育器が満杯で拒否された。土日で、担当医がいなかった、など。 山間部や田舎町でなら理解できるが、大都会でもたらい回し事件が起きた。これからの妊婦は、大変だ。医師不足は、深刻だ。男性でも、油断ができない。明日は我が身だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短編小説その日死刑が執行された1

●20XX年11月X日。市立病院の一室。30歳の女性が、植物状態のまま横たわっている。母親・父親、そして医師・看護師がいる。医師は、筋弛緩剤の点滴を与えた。数時間後、女性の心拍数が停止した。安らかな眠りについた。 医師「ご臨終です。娘さんは、医者を目指していたようですね?」 母親「いいえ、違います。娘の夢は、この日に死を迎え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療ミスだー外来師長を訴えてやる

信じられなーい。ありえなーい。超常現象だー。総合病院に行った。奇怪で、不可思議なことが起きた。総合受付を終えて、整形外科の受付に診察カードを手渡した。 予約なし。今回、諸事情により飛び込みで医師Aを指名した。担当者は、「少々お待ちください」と言ったきりその後、応答がない。 しかも、番号札をもらっていない。そのうち、どこからと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ロダンテの夜(原題)に告ぐ

熟年夫婦の、淡い不倫物語かな。離婚した女性が、子供たちを元亭主にあずけて、ロダンテの街にやってくる。親友が経営する民宿を、代わって営業するためだ。 男性が、宿泊にやってきた。妻と息子に去られ、ある家族に謝罪をするためだ。熟年男女2人が、1つ屋根の下で生活をする。夜、何もないわけがない。ときめいた。胸が高まる。 訳ありの2人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東金市児童殺人事件の犯人は近くにいる

事件日から数日がたった。福岡県の公園内での児童殺人事件の犯人(母親)の推理は、予想がついた。けれども、今回の事件は、不可解だな。推理できず。 病院から遺体発見場所まで、たったの300メートル。近すぎる。時間にして、30分と短い。しかも、昼間に起きた。 犯人は、病院内にいた確率が高い。小学生の目撃談だけど、「黒い自動車を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どたばた健康診断なのだ

1週目。行きつけのA病院に、市の健康診断に行ってきた。ところが、予約なしということで拒否された。ドッヒャー。やられたー。毎回、突然行っていたのに、今回からは要予約だ。 しかも、2000円・400円・300円・500円の支払いだ。合計3200円。しかし、裏ワザを使えば800円で済む。2400円の儲けだ。 ところが、その裏ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画パコパコに告ぐ

まあまあかな。予告編通り、予想できる物語展開である。ラストでも、これといった大ドンデン返しはなし。この監督、極彩色が好きだなー。 この手の、実在しない架空の登場人物や病院は、現実主義の自分としてはなじめない。自分は、好きではない。見づらい。観るかどうか、迷ってしまった。結果、興味本位で観てしまった。 まともな人物は、パコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹痛だーイテーよー

1週間ほど前から、突然の激痛に見舞われた。腹痛というより、正確に言うと、左の背中のどこかのツボの筋肉が、ギューッと締め付けられるような痛みだ。 排出すれば、多少軽くなる。最初は、軽い痛みに突然襲われた。結石と疑った。2回目は、期限切れを購入した、カップラーメンを食べた後での下痢だ。 排出すれば、痛みは多少軽くなった。3回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリム美人は腰痛だらけかな

美人、可愛い、胸が大きい、ウェストがキュンと締まっている、お尻がでかくもなく小さくもない、肌がきれい、顔が小さい。足首が細い。足が長い。その他、美しさを求めたらきりがない。 ウェストが細い。くびれた腰。個人的には、だーい好きだ。でーもー、その美しさの影に、裏側には、隠れた病がないだろうか。腰痛だ。女性は本来、骨が細い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画闇の子供たちに告ぐ

軍事政権のミャンマーで暮らす新聞記者江口が、カメラマンの妻夫木を連れて、子供たちの行方を追う。ボランティアで訪れた宮崎が、子供たちを救おうと奮闘する。 貧乏な親は、平気で子供たちを売りまくる。それで、生計を立てている。この国には、人権など存在しない。子供たちは、単なる下等な商品でしかない。 子供たちをもて遊んでいるのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看護師による酸素ボンベの取り違えなのだー

看護師が手術直前、酸素ボンベを交換したところ、実は炭酸ガスだった。これは、明らかに単純な医療ミスだな。業務上過失致死罪。刑事告発されるしかない。 ガス溶接では、ボンベは色によって種類を分けられる。酸素は黒色、炭酸ガスは緑色。プロパンガスは灰色。アセチレンは赤茶色。その他。 医師や看護師は、色の違いを勉強しないのか。最近は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭がガンガンするぞと(クーラー編)

何だか、後頭部が痛い。ガンガンする。何だ、どうした。自分の体調に異変が起きている。脳梗塞・動脈硬化等の前兆か。脳内の血管が、破裂するのか。 以前から、高血圧だ。とうとう、訪れるべき時がきたか。職場の仲間に、伝えるべきか。伝えることなく、保冷剤で頭部を冷やした。頭寒足熱だ。 あんまり、効果はなかったな。無駄に終わった。痛み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産科医事件は無罪だぞー

この産婦人科医の逮捕以来、産婦人科医が激減している。ただでさえ、医師が不足しているのだ。社会性の高い事件だ。単発の1個人の事件で、終わらせるわけにはいかない。 遺族は納得がいかないであろうが、無罪判決が下されなかったら、この裁判官は、医師会・看護師会などを敵に回すことになるぞ。この裁判官だけ、医療拒否をされるぞ。 遺族の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民間マッサージ業を規制・排除せよ

厚生労働省医事局・全日本鍼灸マッサージ師会は、多少なりとも本腰を示したようだな。国家資格を持つ業者には、「専用マーク」の貼付を義務付けたようだ。 近年、無免許のマッサージ業者が乱立しすぎ。駅前や大型店舗などに、進出している。国家資格の業者にとっては、死活問題だ。 ボディケア・整体・カイロプラクティック・フットマッサージ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン選手はハイヒールをはくな

土佐礼子が、北京マラソンで棄権したそうだ。外反母趾が原因のようだ。痛くて、走れないらしい。何で、痛いのだ。何で、外反母趾になったのだ。 土佐は、直前まえ、1カ月間も満足いく練習をしていなかったようだ。外反母趾が原因か。五輪出場が決定したときから、外反母趾になっていたのではないか。 ウワサによると、マラソンランナーは、外反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤字病院に告ぐ(会社設立編)

どこかの地方の市立病院が、多額の負債を抱えて、9月末に破綻するようだ。自治体の構成要件として、病院は必須だ。 医療も金の時代だ。金のない人は、通院・入院するな。救急車を呼ぶな。病院に依存しすぎている人は、その時は、自分で命を絶ちなさい。 それが、筋というものだ。それが、宿命だ。特に高齢者は、天寿を全うしたことになる。寿命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ・コードブルーに告ぐ

「告ぐ」シリーズは、映画用に使用しているが、テレビドラマは初めてだな。ドクターヘリの題材は面白いが、登場人物の設定に疑問がある。 山下は現在、23歳か。新垣も戸田も、20歳頃ではないか。この3人、医者ではないよな。でも、先生と呼ばれている。職業は、何なのだ? 23歳で医師試験に合格しても、すぐ医師として活躍できるわけない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more