テーマ:ギャル

映画乱暴と待機に告ぐ

●市営住宅に引っ越してきた、山田・小池夫妻。そこには、小池の高校生時代のいじめっ子、美波がいた。美波は、兄浅野と同居している。 美波の美貌に惚れたのか、山田は彼女と浮気をする。浅野は、両親が死んだ原因は、美波にあるとして復讐を毎日、考えている。 そんなある日浅野は、ひょんなことで屋根裏から、美波の行動を覗くようになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画武良布枝の亭主に告ぐ

●昭和36(1961)年、昭和のあの、貧しい生活時代が懐かしいなー。昭和の世界だから、NHKもヒットしたのだろう。 吹石も宮藤も嫌いではないが、NHKのイメージが強すぎて、奈緒ちゃんのほうが、いいな。 製作会社が違うから、どうすることもできないのかな。NHKが、そのまま映画化すれば、一番良かったのにな。 2人とも、鳥取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画オレ様が女子高生をみてるに告ぐ

●チラシを見ると、チャラチャラした女子高生の、つまらない恋愛物語かと思いきや、意外と面白かったな。 館内は、キモイ、オタク男性ばかりが集っている。物語としては、「桜の園」のパクリみたいだ。 出演者は、ちまたのギャルたちは知っているかもしれないが、自分は全然、知らないギャルたちだ。 マンガが原作かと思ったら、小説から漫画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画警視庁警備部警護課第4係に告ぐ

●これは、テレビ版の続編のようだ。テレビを見ていないから、映画版の物語が、分からーん。全く、新しい内容にしてほしかった。 スタントマンなしの岡田だけど、努力賞は認めるかな。演出に、問題があるな。香港・ハリウッドには、ほど遠いな。 ジャッキーなら、このトラック・アクションは、本番で実行するだろう。背景に、ブルーシート(CG)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画SWA7に告ぐ

●中古DVD(1~4)。新品DVD(1280円・5巻)。そして「7」に合わせて、1週間前に新品DVD6巻(1280円)を手に入れた。やったね。 「7」のために、復習を兼ねて、5巻まで見た。10月31日に、「6」巻を見る予定だ。そして、11月1日に、「7」の鑑賞予定を組んだ。 ところが、「7」は、俺の嫌いな3Dだ。映画の日でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画雑誌ミレニアム3に告ぐ

●「2」が2週間で終了したから、1週間空いてしまった。記憶が多少、薄れてしまったぞと。 「2」で女性は、男性Aを殺害し損ねてしまった。未遂だ。2人は、同じ病院にいる。 男性Aの黒幕、男性Bその他が女性を狙っている。女性が、法廷に立たれることを恐れている。証拠も、消さないといけない。 女性を守ろうと、無実を求めて、雑誌社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画優桜に告ぐ

●どうも、女性原作者の作品のようだ。岡田は、設定としては、11代将軍家斉(いえなり)の息子かな。 家斉(一橋家・ひとつばしけ)の側室は40人、子供は55人もいるようだ。 男児が、1人くらいいなくても、将軍家の跡取り問題は、起きないと思うな。他の兄弟が出てこないから、1人っ子の設定か。 一橋家の祖先は、和歌山・紀州藩、吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ホリプロ誕生50周年記念映画に告ぐ

●ホリプロの役者ばかりを集めて、映画を製作したみたいだな。北大路も、ホリプロの所属なのか。 10人の男女が、とある密室で、7日間閉じ込められる。時給約11万円。その中の心理ゲームで勝てば、さらに収益が得られる。 スポンサーは、それだけ価値のある資金を出している。この手の商売は、ハリウッドでもすでにやっていたな。パクリか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画雑誌ミレニアム2に告ぐ

●10月23日に、「3」の上映に合わせて「2」を鑑賞しようと思ったら、たったの2週間の上映で終わってしまった。 ていうか、1週間前の上映予告表では、「10月15日(金)で終了」というふうに記載されていなかった。記載なく、突然終了だ。 おいおい。慌てて、観に行った。金曜日は女性デー(1000円)だ。おばさんのお1人様が、多いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画赤い線に告ぐ

●製作期間7年、作画枚数10万枚。CG全盛期の時代で、アナログで手書きアニメを作るとは、いい根性しているな。 7年間も、銀行はよく我慢できたな。プロデューサーも製作費・スタッフの給料を捻出するのは、大変だろう。 製作費を抑えるために、やはり、中国人(韓国人)スタッフを雇用しているみたいだな。 筆で色彩を描いていると思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画石橋穂のかを探してに告ぐ

●赤毛のアンは、昔、テレビで映画を放映されたが、途中で飽きてしまったな。面白くなかった。 それでも、他人にとっては、根強い人気があるようだ。アンの島を舞台に、穂のかが、亡き祖母和子の思い出を探しに、訪れる。 現在、21歳か。それが、おどおど・たどたどしい、純粋な17歳の役で登場している。スッピンが、キレイだな。 和子の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ナイト家と1日に告ぐ

●007のように、ボストン、NY、孤島、オーストリア、スペイン、南アフリカ(?)と、飛びまくっている。 でも、007の場合、基本的にCGはないらしい。この作品は、CGだらけだから、007よりアクションは、落ちるかな。 CIAを裏切った、トム。「ゼファー」という秘密兵器を奪ったことから、買人からも狙われだす。 キャメロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画七瀬みたびに告ぐ

●テレビドラマは、4回も放映されているが、映画化は今回が始めてらしい。原作もテレビも、一度も見たことがない。 当時の原作に、携帯電話はなかっただろうから、相当、内容を書き換えていると思う。 5人の超能力者は、原作に合致しているのかな。前田の存在が、よく分からない。単なる友達か。にしても、衣装が似合わない。 前田を助ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画やっと届いたに告ぐ

●原作は読んだことはないが、マンガだともっと、面白いかもしれない。劇場内は、ギャルが多いな。 多部ちゃんは、「踊るドクター」とは違って、性格を180度方向転換させた演技だな。私生活では、滅茶苦茶明るい性格だろう。 最近の映画・ドラマは、春馬みたいに、イケメンが多いなー。ブタメンが主役では、興行収益が落ちるか。 それにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画いもうとのハナビに告ぐ

●朝日新聞関連が、多いな。原作も朝日、新聞も朝日、テレビも朝日。朝日ずくめだ。 2005年に放映されたとされる、新潟地震のその後のドキュメンタリーも、朝日かな。 但し、どこまでが、原作・実話に忠実なのかは、よく分からない。少女は、本当に天国から花火を見ていたのかな。 高良も宮崎も、最近、やたらと映画に出演しているような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画罰ゲームに告ぐ

●何だか、グロテスクだなー。血生臭いなー。それでいて、美術担当は、パッとしないな。背中の服もズボンも、全然、破けていない。演出に、迫力なし。 効果音は、それなりに評価できるかな。AKBというけれど、誰が誰だか、分からん。B-BOYSって、何者? ロックバンド? 山田作品は、幽霊が出そうで出てこない。人間の深層心理をついた、殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画いちむじんの夏に告ぐ

●ワーイ、レイトショー(大劇場)とはいえ、俺1人だー。やったー、初めてだぞー。ウレピー。知っていたら、袋入りパンや菓子類を持参するべきだった。失敗した。 ということは、この映画は、たいしたことなさそうだな。赤字かな。観客は、自分1人だけだと、思いっきり涙を流しても恥ずかしくないな。 このガン患者は今も生きている実在の人物だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画お母さんはお嫁さんに告ぐ

●東京の下町、東京弁で会話をする母娘。と思ったら、大阪(淀屋橋?)が舞台じゃないか。オカンといえば、関西弁だ。出演者は関西弁を、語らんかーい! どアホ―っ! 主人公は、大竹か宮崎か。どうも、字幕では、宮崎が主人公みたいだな。2人とも、いい演技をするけれど、お涙は流れなかったな。何か、お涙のスパイスが足りない。 オ・ミポ監督(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画犬の名はベックに告ぐ

●バンドのメンバーを集め、デビューを夢見て、大会(?)に出場するサクセス音楽映画かな。監督が堤とは、意外な組み合わせだな。この手の作品も、描くのか。 マンガは読んだことはないが、チラシによると、作画と登場人物はそれなりに似ているな。イメージに、合わせている。 堤は、健の歌に対して、どういう演出効果を狙っているのだ。これは、卑怯な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画王様ゲームに告ぐ

●漫画家江川達也が、原案・監督を任された作品のようだ。映画の日なのに、自分を含めて2人しかいない。大赤字になりそうだな。責任、取れるのか? 10人の男女が、とある施設に招かれた。王様ゲームを、10日間ほど実施するよう命じられる。そして、1人2人と消えていく。 主催者の目的は、何なのか。スパイは、誰なのか。10人に、共通点はあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画首に告ぐ

●舞台から、映画化されたようだ。首から上を出した、ネックマシンという箱。関西の女子大生が開発し、恐怖を想像すると、中でお化けが生産される。 ふざけた、ホラー映画だ。幽霊よりも、お化けのキャラクターが、次から次へと登場する。原作者・監督は、観客をなめているのか?  観客が、6人しかいない。ガラガラ。上映5分後に、ゾロゾロと男子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画瞳の中の秘密に告ぐ

●アルゼンチンにも、映画会社があったのか。ロングランした、作品のようだ。恋愛ものであり、サスペンスでもある。 主人公ベンハミンの職業が、よく分からない。裁判所勤務のようだけど、何だか検事みたいだ。現場へ出向いて、捜査をしている。 チラシにも、明確に職業が記載されていない。裁判官なのか、検事の助手なのか、この国の司法制度がよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画華岡青洲の妻に告ぐ

●1967年の作品。久しぶりに、背筋が凍る日本の恐怖映画を見たな。世界で初の睡眠薬で、人体実験を試みた、妻(若尾)と母親(高峰)とその家族の物語だな。 マザコンの青洲(雷蔵)、親バカの母、家系を重んずる父伊藤雄之助、役に立たない不甲斐ない妻(武家出身でお金持ちの娘)、妹が2人、弟も2人。弟子たちも、大勢いる。 雷蔵の研究のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画一青窈に告ぐ

●珍しく、北海道の釧路市・白糠町・浜中町が舞台になっているな。撮影は、ほとんどされないから、釧路市にはフイルムコミッションが、ないみたいだ。情けねー。 駅名を変えるのはいいが、釧路駅が一切、出てこない。あれは、どこの駅だ? 釧路市では、幣舞橋(ぬさまいばし)と出世坂が、登場している。 当時、湖陵高校があり、出世坂を通って駅ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画恐怖に告ぐ

●幽霊は信じないけれど、ホラーは大好き。何の情報もなく、適当に観に行った。タイトルの意味が、よく分からない。 全然、怖くないぞ。適当に、つけるな。不自然でいい加減なタイトルだと、観客はこないぞ。赤字になりそうな、映画だな。 この映画では、幽霊を「側頭葉」の説明によって、解明している。医学的に、幽霊の存在を否定しているだけに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画キャタピラーに告ぐ

●日中戦争(?)に出向いた亭主が、無残な姿で帰国する。現場では、英雄的な活躍をしたため、新聞では「軍神」と崇拝される。 妻しのぶは、国家のために介護することとなる。これが庶民だったら、夫婦で心中をしていたかもしれない。軍神ゆえに、自殺・殺害行為は許されない。生きるしかない。 その軍神亭主も、こんな姿になっても、性欲だけは旺盛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画あん子・見習い訓練士の物語に告ぐ

●夏帆は、可愛いなー。どアップでも、肌がキレイ。ニキビもシワも、シミ・ソバカスもない。くれぐれも、路チューの盗撮がないように、気をつけよう。 きな子は、香川県に実在する警察犬のようだ。この女性訓練士は、一応いるみたいだけれど、夏帆は架空の登場人物みたいだな。映画用に、人物が作られたな。 笑いと涙と試練が、うまく構成されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画冷凍に告ぐ

夏なのに、なぜかスキー場が舞台の映画だ。配給会社は、何を考えているのだ? 季節を無視するな。冬に上映しなさい。 それにしても、もしも起きたら、背筋が凍りそうだ。スキー場で、バイトをしたことがあるから、だいたいのことは分かる。 こういうことは、ありえない。アホなリフトマンといえども、こういうミスはしないだろう。改札と乗り場が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画飛ーべー飛べーハーーッチーに告ぐ

●自分のガキの時代のアニメだけに、懐かしさに釣られて、観に行ってしまった。劇場は、ガキんちょと母親だらけ。 テレビアニメの内容は、もう覚えていないな。忘れた。今のガキどもは、ハッチのことを知っているのかな。DVDでも見て、一応、理解しているのかな。 あの頃は、面しろ楽しく見ていたが、大人になると、理論武装派になると、あのハチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画塩に告ぐ

●石油会社に勤める、ソルト。実は、CIAの職員だ。ある日、CIAの事務所に、ロシア人が保護(亡命?)される。大統領が狙われると、ソルトに伝える。 その暗殺者は、ソルトだと語る。クモ学者の亭主が、組織に狙われる。疑いをかけられて、ソルトは逃亡者になる。仕組まれたワナ。 そして、大統領は暗殺される。ソルトは、アメリカの敵なのか味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more