テーマ:日常

映画愛・おぼえていーますかっ?に告ぐ

●この昔の歌を歌われるのかと思ったら、全くなしか。ガッカリ。1982年時代のマクロスしか覚えていない。と言っても、それもあまり見ていない。 挿入歌はでてくるが、何だか感動するほどの歌ではないな。何をしゃべっているのか、歌詞が理解できない「愛…」のイメージが強すぎて、駄作に思えてしまう。 これは、昨年テレビ放映された物語の、縮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画あすなろサイキックに告ぐ

●それなりに、笑いのある映画かな。エスパーは7人かと思いきや、違うようだ。Xメンみたいに、殺人やら犯罪などをする集団でもない、良心的な一団だ。 この冒頭は、何ぞや。面白い演出だけど、まさみちゃんは、カルピスか。ハガキを頼りにたどり着いたのが、香川県のとある町。そこの喫茶店に、エスパーたちが集まっていた。 彼らは、世間に存在を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画0001年に告ぐ

●予告編を見たときから、予想通りの物語だったな。それでも、CGや音響効果は迫力あったな。スタッフの努力に拍手を送ろう。 隕石の飛来かと思ったら、地球自信が危機的状況にあるみたいだ。地殻内部の異常高温・異常高圧力。太陽フレアの異常などが、絡んでいるみたいだ。 数年前から、地球の異常に気づいた科学者たちがいた。その提言を信じた政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画名誉なき野郎ども(原題)に告ぐ

●家族を殺害されたユダヤ人女性が、劇場の支配人となり、ナチへの復讐を思案する。一方、ナチを退治するビットの部隊が、フランスで暗躍する。最終標的は、ヒトラーだ。 アパッチの血を引くアメリカ系ユダヤ人。複雑ー。頭の皮をはぐという、グロイ場面が出てくる。戦時下とはいえ、今時、そんなアパッチはいないだろう。 血しぶきが、やたらと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銭湯が1回245円だぞー

●自転車で10分の場所に、ジム(A)が開業した。駅前周辺には、他にも2件(B・C)ある。Bは2年前まで、毎週1回(月3700円)は通っていた。 ところがAは、月6800円で週6日、通える。12ヶ月の一括払いをした。1ヶ月分が、特をする。計算すると、月26日で1日あたり、245円になった。 Bのプールは、レーンが2本しかない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画デビル・ハザードに告ぐ

●何だかなー。ホラーだと、何となく、食いつきたる自分が情けない。D級映画か。小さな配給会社が、運営しているようだ。 ゾンビか、ドラキュラか。どうも、本物の「悪魔」が登場するみたいだ。中東で、古代遺跡が発見された。しかも、900メートルの地下に存在している。 研究隊が消息不明になり、CIAから7人の兵士たちが送りこまれた。生存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画キリスト降誕祭の斉唱に告ぐ

●原作は、読んだことがない。ケチでがめつい、貸金業の老人。他人には、冷酷だ。女性よりも、お金を選ぶ。クリスマスの夜、7年前に亡くなった同僚の霊が、やってくる。 過去・現在・未来の老人の姿を見せるために、3人の亡霊が現れる。懐かしい過去の自分の姿。現在の自分を批判する、部下の家族と甥たち。 そして、未来で衝撃的な自分の真実を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画フォーカスofゼロに告ぐ

●旧作(95分)のラストは、断崖絶壁で、真犯人が妻に対して事件の真相を語っていた。新作(130分)では、それがない。真相は、乗り物の中で語っている。 最近のテレビのサスペンス劇場等では、この旧作から、断崖での真相を語る場面が生まれたみたいだ。原作では、どうなっているのだ? 断崖での会話があるのかな。 西島と友人は、戦地から帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ドゥーニャとディジーとに告ぐ

●チラシによると、オランダ・ベルギー映画になっているな。モロッコ人で、内気なオランダ生まれのドゥーニャ。活発なオランダ娘、ディジーとの友情旅物語かな。 ハトコと結婚することになった、ドゥーニャ。家族揃って、モロッコへと向かう。だが、親が勝手に決めた婚約者とは、結婚したくない。ビビビがない。 一方ディジーは、妊娠が発覚した。母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画大洗に星は降らなかったに告ぐ

●意外と面白い映画だな。キサラギみたいな、ワンルーム・ミステリー(90%が海の家の室内での撮影)だ。しかも殺人事件ではなく、片思いにおけるウソの暴露だ。 8月31日、海の家が終わった。男性は6名。女性が2人で、美人なエリカエリコと全然登場しない、超ブサイクなヨシミちゃんがいる。 冒頭で、1人のバカな男性が、大洗から銚子海岸に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画堕天使の恋に告ぐ

●これも、携帯小説から生まれた作品か。原作者は、女性か。女性でないと、この女子高校生の心情は描けないであろうな。主演も新人、監督も新人の女性か。 それにしても、近年の邦画は、「寿命映画?」が多いなー。愛する人の死生観を主張すれば、ヒットすると思っているのであろう。 13歳までは、天使のように純粋でムクな少女だった。14歳で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画母親(原題)に告ぐ

●この母親、冒頭から、訳の分からない踊りをしているな。ラストと大いに関係しているかと思いきや、全然、関係ない。 上映時間、129分か。ゴルフ場の場面は、犯行現場のために、これとこれを結びつけるために演出したのか。何だか、ひねりが足りない設定だな。 その他にも、もっとカットができると思う。むしろ、真犯人と女子高校生がむすびつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画遠回り(原題?)に告ぐ

●結婚前に、友人(文世)と最後の独身生活を送ろうとする生瀬。2人とも、40代の設定か。生瀬は、フランス式の飲食店を経営している。 文世は、ワイン通だ。東京では、売れない脚本家だ。昔、英語の教師をしていたが、全然しゃべられない。生瀬のほうが、上手い。 ロスからサンフランシスコ、ワインで有名なナパバレーへと向かう。そこで20年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画世間の風あたりが強く吹いているに告ぐ

●結構、おもしろい作品かな。となりのおじさんが、ゲラゲラ笑っている。お薦め作品に、加えておこう。林って、いくつだ? 高一でないのか。分からん。 斉藤兄弟は、23歳ぐらいだと思った。それで、大学1年かい。双子の設定だから、仕方がないか。右足にケガをもつ、元一流ランナーの小出。 留学生のダンテの一言には、笑えたな。黒人差別・偏見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤフーニュースとコメントと

●最近、ブログに政治経済・時事問題を投稿しなくなった。なぜか。コメントしても、誰も見ていない。そもそも、アクセスが低い。単なる、グチで終わりだ。 ブログにコメントしても、社会が変わるわけでもない。ヤフーニュースや、アメーバなどを開くと、「コメントする」の項目があった。 みな、コメントしている。社会に対するウップンを、ぶつけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画携帯彼女に告ぐ

●携帯小説から生まれた、恋愛映画だと思っていたら、幽霊が出てくるホラー映画だった。館内は、自分とギャル2人だけ。すくなーい。 女性監督か。セットなどの作り方はちゃちいけれど、けっこう、怖さがあったな。炎上シーンは、CGでごまかしてい る。本当の煙は、真っ黒だぞ。即死するぞ。 1年前に、川島の彼氏が、ビルの放火事件で死んだ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

再上映お茶漬けの味に告ぐ

●考えてみれば、小津作品は、ほとんど見たことがないな。低価格上映にしては、1日1本にしては、観客が多い。名作シリーズのほうが、映画館も利益あるかもしれない。 小津作品は、安心して観られる映画だな。家族の絆を大切にしている。海外では好評だけど、日本の文化や慣習・食材、わびさびなど分かるのかなー。 起承転結なし。起伏なし。ドンデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画時間旅行者の妻(原題)に告ぐ

●バタフライエフェクトは、好きな時代に行って、自由に変えられた。この映画では、自由に行くことができない。コントロールできない。 移動しても、時代を変えることもできない。数分しか、滞在できないようだ。こんな特殊能力をもっても、意味がない。 移動する時は、なぜか裸になる。男性の裸をみても、面白くない。大人の男性は、何度も子供の女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県松戸市の殺人・放火事件だー

●どうもこの事件、不可思議だ、合点がいかない。事件が起きたのは、10月21日からだ。午前の授業を欠席している。22日の朝に、遺体が発見されている。 女性は、友人を起こさないように、こっそりと出て行った。女性たちの慣習として、日常的にありがちな、事なのかな。 疑問は、この時点だ。なぜ、放火事件が起きているのだ。出火原因が公表さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画私はまたあなたに恋をしますに告ぐ

●別のタイトルとして、映画「ギブ・マイファーストラブtoユーに告ぐ」でもいいかな。泣きはしないが、それなりに面白い純愛コメディかな。 8歳の少年は、心臓病だ。成長とともに、心臓に負担がかかる。20歳までが、寿命だ。心臓移植だけが、希望だ。 主治医の娘、マオマユと友達になる。8歳の子供に、そういうことをさせてはいけない。せめて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画富士急ハイランドの3Dに告ぐ

●3Dだ。キャー、2000円も払って、観てしまったー。高いよー。お金ないよー。レイトショーでも2000円だ、映画の日でも2000円だ。 前売り券も、販売していないらしい。3D作品は、今後どうやって見たらいいのだ。あきらめるか。こんな作品、製作するな。 通常、物語というのは、オリジナル・マンガ・小説・ゲームなどが基本だ。この映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画アドレナリンと高電圧とに告ぐ

●滅多に行かない、C館だけしか上映していない。レイトショーなし、1日1本だけの上映だ。このまま観ないで、レンタルまで待つしかないのか。 チケットショップに行ったら、C館専門のチケットがあった。1280円(定価1800円)だ。もう、買うしかない。やったね。 スティサムは1作目で死んでいるから、新たな作品かなと思いきや、続編だー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下水道代は高いなー(節約編)

●市役所から、下水道代の支払い通知書が届いた。2ヶ月間で1350円だ。1ヶ月あたり、675円も排水しているということか。使用水量、11立方メートルだ。 これって、多いのだろうか、少ないのだろうか。正直言って、賃貸物件を借りてから、一度も浴槽に水を貯めて、入浴をしたことがない。 以前のアパートでも、10年間居住したが、一度も入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ廃業になりそうだぞーと

●悲願の店をもったものの、全然お客様がこない。大通りから離れた場所に、家を借りてし合った。看板も、満足に出せないほどの場所だ。 駐車場を3台分借りた。自動車のお客様もさっぱりこない。1台で間に合っている。その駐車場の壁に、大家さんの許可をへて、自作の看板を設置した。無料である。 ところが先日、不動産屋を通じて、大家さんから拒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画津島修治の妻に告ぐ

●太宰作品に、自殺を扱った小説があったのか。通常、映画化されるのは原作者の作品だが、これは太宰自身の自叙伝的な映画である。自殺願望のある、太宰自身の心中事件だ。 浅野のセリフは、いかにも小説家的な文法表現をこなしている。昔、似たような映画があった気がしたな。2~3人の女性が自殺をして、本人は生きている。 自殺未遂をすると、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画観ないで帰宅したの初めてだー

●いつも、A(10館)とB(7館)の映画館を利用している。今回、AもBでも上映されていないので、C映画館(10館)に行くことにした。 木曜日、事前に探りに行った。土曜日公開の時刻表が、置いていない。配達が遅れていると言う。おいおい。せっかく、めったに来館しないのだ、ふざけるな。 イメージ悪いぞ。日曜日、パソコンで時刻表を調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画求婚(原題)に告ぐ

●もう40歳か。アラフォーだ。サンドラの全裸姿が、まぶしいな。陰部の露出はないが、隠し方がエロっぽい。陰部に、シールぐらいは貼っているかな。 サンドラは、コミカルな役が実に似合っている。シリアスな作品は、似合わない。カナダ人役か。部下からは魔女として恐れられている、編集長のサンドラ。 労働ビザが切れて、国外退去処分になる。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画届かなかったラブレターに告ぐ

●DJ常盤は、父親と対立していた。ある日、亡き父から手紙が届いた。開けられずに、引き出しに閉まってしまった。そんな自分の気持ちを、リスナーにも問いかけた。 小さなFM放送が、函館にまで届いた。林もリスナーだった。好きな人がいる。打ち明けられない。父と祖父の仲が悪い。祖母は、祖父を嫌い逃げて行った。 林は、一生懸命に演技をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画縞模様のパジャマに告ぐ

●父(収容所所長)の転勤で、とある田舎に引越してきた。8歳の少年は、父の仕事をよく知らない。あのフェンスの先にある建物は、何であるのかも分からない。 子供ゆえに、現実の出来事を知ることに過酷なことでもある。でも、ドイツ人として、いずれ知る日が来る。ところが、ふざけたことに、母親もよく理解していなかった。 真実を知った時、亭主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画白日夢に告ぐ

●28年前は、挿入シーンがあるということで観に行ったものだ。近年、AVが活躍して、ほとんど本番みたいなものだ。 昔は禁句だったけれど、時代とともに、エロの表現方法も進化していくようだ。その結果、警察庁も法務省も映倫も、慣れてくれば規制が緩くなってくる。 エロ文化の発展には、出演する、表現する女性たちが活躍しなければならない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more