テーマ:日常

映画監獄島に告ぐ

●それなりに、面白い映画かな。オースチンという死刑囚が、主人公のようだ。レスラー業界では有名かもしれないが、個人的には全然知らない。 ネット会社のAが、南太平洋の孤島(旧日本軍)で、死刑囚10人を集めて殺人バトルを配信させる。30時間以内で1人だけ生き残れば、自由となり大金も手に入る。 Aたちは、アクセス数4000万人を目指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩こりにはプールに限るな

●毎日、ジムへ行っている。以前は、日曜日だけだった。週3回くらい、プールで泳いでいる。少しずつだけど、時間が短縮されていく。 25メートルプールだ。片道だけで、バテている。往復なら、おぼれ死んでしまう。それでも、1回1回行くたびに、伸びているのが分かる。 ターンはできない。鼻に、水が入ってできない。10往復で30分。今、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画パルナサスの鏡に告ぐ

●ワーい、珍しく試写会に当たったぞー。本当なら、2本のはずだが、こっちのほうだけ当たってしまった。2本外れるよりは、ましか。 開場30分前に行ったら、すでに入場しているではないか。普通は、行列を作っているものだ。上映まで、1時間もある。暇ヒマ。時刻設定を上手に、組んでいるな。 ヒースって、誰だ? ダークナイトでも、化粧をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会図書館へ行ったどー

●初めて、国会図書館へ行った。デビューしたぞー。ネットで、行き先方法を調べた。JR東京駅から有楽町駅へ行き、都営地下鉄永田町駅で降りた。駅から、すぐ近くだ。 2階から中に入ると、トイレがない。電車内で汗をかいたので、Tシャツを着替えたい。それができない。厳重な通用口を通らないと、トイレにはいけないようだ。 そこにあるロッカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラーメン食わせろー映画が始まっちゃうよー

●上映20分前、飯も食っていない。腹減った。空席が目立つから、ラーメン屋に入った。ところが、先に中国人か韓国人の団体(以下、大陸人。男女4人?)がいた。 券売機のチケットを店員に出したが、大陸人たちが何だかもめている。おいおい、何をしているんだよー。購入したチケットが、思っていたラーメンと違うみたいだ。 ラーメンが届くのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家系図だよーん(登記所編)3

●市役所で除籍簿を取り寄せることで、今までご先祖様を探していた。もう、限界にきた。その先は、探すことができない。 先日、実家(A県)の登記簿を取ろうと居住地の登記所(B県)へ行った。登記所のネットは、全国の登記所とつながっている。 居住地の登記所(B県)でも、遠方の登記所(A県)から「全部事項証明書」を取得できる。但し、所有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑画像のVHFだぞー

●20年前にダビングした、VHFがある。帰省したとき、自宅へ郵送した。1巻で3本、入っている。3倍速で、録画したものだ。それが、20巻以上もある。 あらためて見てみると、ドッヒャーっ! 画像が乱れている。画質が悪くなっている。テープだから、DVDよりも劣化が激しい。カビやすい。高温多湿に弱い。 これでは、VHFからHDDへ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初仕事はやる気がでなーいぞと

●個人で自営業をしている。お客さんが全然、こない。廃業・転職を、そろそろ考えないといけないな。4日は、自称、初仕事となっている。 朝起きると、寒い。蒲団から、でたくない。体調も何だか、すぐれない。やることはあるのに、身体が動かない。頭では理解しているのに、身体が言うことをきいてくれない。 困ったもんだ。で、その日は初仕事にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭が痛くなる成田山酒だー

●2日、成田山へ行ってきた。そこで、ついつい地酒(清酒)を買った。180CCのカップで、1杯400円で販売していた。高い。720CC1本で、1100円だ。 経済的な要素を考慮しで、ビンを選んでしまった。にごり酒だ。しかも、発泡性がある。特殊なフタのため、横にしてはいけないみたいだ。バックが、重くなった。 基本的に、日本酒は飲…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

成田山だー2時間待ちだー

●2日。さばいたばかりのウナギを食べたいがために、成田山へ行った。電車は、満杯。駅に着き、店へ向かった。外で、30分以上待った。中で、10分待った。 うな重が、上手い。満足、まんぞく。せっかく来たのだから、新勝寺にでも行くか。さっさと行って、さっさと帰ろう。ドッヒャー、看板を見ると、2時間待ちだー。 幅3メートルの白線のなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春だー番組がつまらーん

●大晦日の番組も、全然、面白くない。格闘技は、興味なし。ダウンタウンも、大晦日にふさわしい内容ではないな。何だかんだいって、結局、紅白をまた見てしまった。 朝から正月番組も、全然、面白くなーい。つまらん。この三が日、どうやって過ごせばいいのだ? DVDでも、見るか? でも、元旦は映画の日だ。 2日目は、成田山新勝寺で、目の前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家系図の作成だよーん2

●図書館司書さんあんたは偉い…。 でも、古い地図と新しい地図がある。ゼンリン会社が作成した、住宅地図だ。図書館に行けば、住所の特定ができる。 だが、住居表示の変更、区画整理、合併などで追跡が困難になる。ところが、勤務する女性司書が応援をしてくれた。 女性司書は、文献などの書籍がどこにあるのかを把握している。すぐに数冊、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家系図の作成だよーん1

●両親が死んでから、なぜか家系図に関心を抱くようになった。これを作って何になるかというと、何も得る事はない。 しいて言えば、推定相続人が20名以上いることが分かった。従兄弟になると、知らない連中ばかりだ。他人も同じだ。顔も知らなければ、住所も知らない。 往復封筒で、他県の市役所へ、両家の直系親族の除籍簿(750円の定額為替)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公正証書遺言は大変だぞー2

●実家に帰った。そこの弁護士と、相談をした。弁護士に依頼すれば、住民票を取得できる。ご好意に甘えて、住民票2枚で600円。手数料400円で済んだ。 市役所へとりに行くのは、弁護士ではなく職員のようだ。おいおい、法律ってそんなもんかい。でもこれで、遺言書を作成できる。 自宅に戻り、公証人役場へ行った。やばい、実家の課税評価証明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公正証書遺言は大変だぞー

●両親が死んだ。兄も自分も、妻子がいない。兄弟2人が死亡した場合、推定相続人が20人以上もいる。全国に散らばっている。おじおばが、先に亡くなれば、さらに増える。 みな、相続放棄をすると言っているが、そうなると不動産がほったらしになる。流通されない。市役所も財務省も、受け取りを拒否している。 となると、極秘に相続人を指定したほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画シガニーはエイリアンなのだに告ぐ

●タイタニックで儲けたから、その予算で製作したのか。制作費も、破格だろうな。構想14年、製作4年。12年間で、最新の3Dカメラの開発に当たったのかな。 3Dは、近所の映画館にはないので、通常の2Dを観た。2Dでも、十分な迫力だと思う。2012と同じく、これも映画館の大スクリーンで観たほうが楽しめるな。 物語は、単純かな。惑星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画バーニング・プレイン(原題)に告ぐ

●交通不便な場所にある、支店の分際で、相変わらず観客者数が多いな。20名以上はいるかな。本店なら数名だ。本日は自由席だ。お好みの座席が、取られてしまったぞ。 何だか、冒頭から分かりづらい家族構成だなー。何組の家族が、登場しているのだ? 現代なのか、過去なのか、過去の過去なのか、よく分からない。 こういう、数分間で画面が交互に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画社会の敵に告ぐ

●1936年頃のシカゴ、カポネがいた時代か。カポネは、一切出なかったな。実話だけに、何だか怖い映画だな。 銀行強盗を楽しむ、5人組。ボスのジョニーは、逮捕されてもすぐ脱獄をする。アメリカの刑務所って、こんなに簡単に脱走できるものなのか。 FBIのフーパー長官は、予算が削られて、挽回しようとする。ジョニー逮捕に躍起になり、ベイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画目撃・痕跡・接触・拉致に告ぐ(ネタバレあり)

●2000年10月に起きた、実話にもとづいているようだ。どこまでが、本当なのかなー。日本でも実話を題材にしたバラエティ番組は、数多くある。 なぜ日本のテレビ局は、この事実を製作しなかった? 著作権の関係で、放映権がなかったのかな? アラスカのノーム市で、不眠者が続出している。心理学者の夫は、謎の死を遂げている。妻も、その不眠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空が乱れているぞーと

●羽田に着いた。乗り継ぎで、A空港へ行かないといけない。 あれれ? 何なに? A空港は暴風雪で、S空港へ行くか、羽田に引き返すかもしれないと、放送している。 ギャー、恐れていたことが起きたー。1ヶ月以上も前から、予定を組んでいた旅行だ。 S空港からは、バスか電車でA市へ送迎してくれるみたいだ。 とりあえず、飛行機に乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続登記が終わったぞーと

●父が死に、母が死んだ。不動産がある。兄弟で、当然ながら相続登記をしないといけない。 弁護士と相談した結果、特殊な事情により、登記が先延ばしになった。 で、半年後に帰省した。色々あったが、相続登記を自分でやった。 いくつか、ミスがあったな。一発では、できなかった。 市役所へ行って、除籍簿をとりに向かった。以前指摘されたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空港行きバスに乗り遅れたぞーと

● 自宅のバス停から、8時10分発のバスに乗った。空港行きのバスは、8時40分だ。 間に合うだろうか。今まで、失敗したことがない。 今回、何だか不安になった。当たった。ビンゴっ!。 そのバスは8時39分に、駅へ到着したー。 急いで空港行きのバス停に向かったが、とうとう出発してしまった。 乗り遅れた。こんなの初めてだー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯痛だー口臭だー

●実家に帰省して、徒歩1分の場所に、スーパー・ドラッグストア・ゴルフ場、そして歯医者がある。 以前から、激痛だった奥歯が、ぶり返した。痛い。とうとう、歯医者へ行った。 歯根に、問題があるようだ。 完治は不可。痛み止めと抗生物質を駆使して、騙しだましで生活するしかないようだ。 歯医者には、半年ごとに通うべきだったな。頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画理想の熟女に告ぐ

●ゼダ、40歳になってもキレイすぎ。こんな熟女なら、Hをしてみたい。個人的には、妥協しても、30歳以下の女性でないと、チ○チ○が動かない。 ベビーシッターの男性だ、子供に好かれたら、ゼダも惚れるしかないだろう。男性も、子供に嫌われたら、Hはできても結婚は無理だろうな。 将を射んとすれば、馬を射る。男性の両親に、ゼダ親子を紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画新しい月に告ぐ

●トワイライト(たそがれ。夕暮れ)が、吸血鬼を扱った恋愛映画になっている。月が、オオカミとの恋愛映画になっているようだ。3作目は、どういうタイトルなのかな。 吸血鬼とオオカミに惚れる、この女性はどういう性格なのだ? ゲテモノ好きか。ネットをやりながら、トワイライトをレンタルDVDで見ていた。 まともに、見ていなかった。2作目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画笛吹(うすい)川に告ぐ

●古いなー。たまに、こういう映画を観るのもいいものだ。巨匠、木下恵介監督だ。昭和の恋愛ものかと想い気や、武田時代の物語だ。農民の親子6代だから、展開が早い。 NHKなら、武将を主人公にするだろうが、この物語は、武田を親方と呼ぶ、農民たちの視線から描いている。 笛吹川で暮らす、農民一家。孫が、イクサに出て名を上げようとする。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訴訟だー民事裁判だー3

●民事課で、訴状の修正を求められた。意外と多いぞ。自宅に帰って、パソコンとにらめっこだ。さて、複写機を使おうかな。あれ、あれれ、あれれのれ? もう夜だ。 リボンがない。ブラックがない。切れた。購入しないといけない。お店はもう、閉店だー。コピーができないよー。これでは、明日民事課に提出できない。 キャー、時間がムダになるぞー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ファボール36(1936年の下町? 原題)に告ぐ

●9月中旬上映予定だったのに、なぜか、2ヶ月遅れで上映された。駅から遠く、人通りのない劇場(約100席)だ。閉館もしないで、よー、がんばっているな。 スタッフは、3人だけで運営しているのかな。上映30分前に、入館した。自分も含めて、2人しかいない。自由席だ。やったー、ほぼ貸しきりだー。 ソファに座って、出入り口を背にして、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画波に告ぐ

●ドイツであった実話かと思いきや、1967年、カリフォルニアの高校だー。ハリウッドで、製作しろよー。ドイツに、パクられるな。 体育の教師が、1週間だけ、「独裁」をテーマにした授業を始めた。規律・統一・秩序維持・制服・団結・敬礼・ロゴなどを学ぶためだ。1人の女性が、反発する。 数人の生徒も反発するが、次第に仲間入りを果たし、参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ブラック会社に勤めているのだがまだ俺は我慢できるかもしれないに告ぐ

●タイトル、長すぎ。作者の実体験らしいが、この映画は、どこまで実話なのかよく分からない。高校中退で、ニート。不採用続きで、やっと採用された会社がブラックだった。 理解に苦しむのが、のんきすぎるレオ社長だ。毎日、何をしているのだ? 通常、社長が仕事をとりに行くものだ。ここでは、社員が仕事をとってくるのか。 IT企業とは、こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more