テーマ:結婚

ここは娘の家なのだ23・24

 ●ここは娘の家なのだ23  娘が結婚した。近くに住んでいる。実の母親が、遊びにきた。合カギで開けて、勝手に入ってくる。実の母親だから、当然の権利だ。娘は、文句を言えない。  娘が帰宅すると、室内がキレイ。炊事洗濯家事掃除を、母親がこなしてくれている。それを見て、娘が怒った。 娘「お母さん。あたし結婚しているんだから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴走族の才能21・22

● 子供に過度な期待をしないで、放漫な生活を送らせた。それが、我が家の教育方法だ。誰にも文句は言わせない。その結果、子供は暴走族に入った。 昼夜関係なく、走り回っている。夜遅くまで、騒いでいる。近所に迷惑をかけている。警察のお世話になっている。  母親としては、それでも子供の人生を認めるしかない。子供が選んだ人生だ。人に迷惑…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プレッシャーから両親殺害20

● 最近の少年事件を見聞すると、両親の殺人事件が多発している。その原因に、親の過度の期待が強すぎるのであろう。負担が大きすぎる。勉強に行き詰まっても、苦悩しても両親は助けてはくれない。 先生に相談しても、成績が落ちていれば、「ガンバレ」と軽薄な無責任な言葉しか返ってこない。 「勉強しなさい」 両親は、それで全てが解決できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノがある風景12・13

●ピアノがある風景12 公団アパート。貧しくとも、幸せな家庭。そんな専業主婦の妻にも、夢がある。 妻「あなた、ピアノが欲しいの」 亭主「そんなお金、どこにある? ピアノを置く場所が、どこにある?」 妻「情けない亭主。結婚するんじゃなかった。息子よ、お母さんのために大きな家を購入しておくれ。ピアノを買っておくれ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離婚時の慰謝料は誰からもらう19・20・21

●離婚時の慰謝料請求は19 女性「あたし、マザコン男性って、引く」  自立心の強い、マザコンでない男性と結婚した。やったね。シ・ア・ワ・セ。しかし、男性は失業して年収がない、生活費がない。 借金だらけ。この亭主は自立心が強いから、亭主は母親からの支援を断っている。 もう離婚しかない。でも、養育費や慰謝料は手に入らない。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

娘と父親と16・17・18

●娘と父親と16 女性「あたし、マザコン男性って、引く」  自立心の強い、マザコンでない男性と結婚した。やったね。シ・ア・ワ・セ。 女性「パパー」  女性のほうが、「ファザコン」だった。 ●男性だけ? 17 妻「あたし、マザコン男性って、引く」  自立心の強い、マザコンでない男性と結婚した。やっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

男性の選択15

●息子に、彼女ができた。母親より美人で、可愛い。料理も上手。 母親「あたしが、数十年と大切に育ててきた息子よ。簡単に、手渡してたまるか。いじめ抜いてやる。フッフッフッフッフッ…」 彼女「母親に勝つには、母親以上の愛情を、彼に注がないといけないのね」 このとき息子は、女の戦いから逃げずに、妻に味方をしよう。親離れをしよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家事ができない女性13

●男性が、愛する女性と結婚した。しかし、妻は家庭ではだらしがない。炊事洗濯家事掃除が、全然できない女性だった。最悪。この場合、男性は「不幸」と言う。 母親「何で、こんな最低の女性と結婚したのよ。ママが選ばないと、ダメみたいね」 息子「だって、Hの相性が抜群なんだもん。テクニックに、惚れてしまった」  妻からの言い分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子への投資7

●母親「息子を、幸せにしたーい」 それは、母親として当たり前の心理だ。子供に、高度な教育・学習を受けさせたい気持ちは大切だ。 胎教。英語教育つき保育園。幼児教育。英才教育。進学率高い、有名私立学校への入学。学習塾・進学塾。海外留学。東大入学・卒業。目指せ、大学教授。目指せ、オリンピック。目指せ、ノーベル賞。目指せ、大会社社長…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

結婚前の誓い5・6

●結婚前の誓い5 女性たちよ、「マザコン男」を社会からなくしたければ、母親が自分の息子を溺愛しないことだ。マザコンを嫌う女が母親になると、なぜかマザコン息子を作り上げる。 結婚して息子が産まれたら、「息子を、絶対にマザコンにさせません」と誓いを立てなさい。そうすれば、若い女性たちは男性を素直に愛せるようになる。引かなくなる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低の女房なのだ16

● 近所に、若い奥さんが住んでいる。三人家族のようだ。ベランダに洗濯物を干しっぱなし。雨が降ってもとりこまない。三日以上も、出しっぱなし。  仕事をしているのかな。仕事をしていても、突然の雨が降られたら、普通は、職場にいても気にするものだ。 家族揃って、三日間も家を空けているとは思えない。駐車場には、自動車が置いてあるから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母親は1人で入浴したいのだ27

●とある銭湯に、親子5人がきた。夫婦と幼児3人。妻が、夫に対して嘆いている。 妻「もー、1人で、お風呂に入らせてよー」 夫の権力を振りかざして、意地でも自分1人で入ろうとしている。妻には、子供3人と一緒に入浴させたいらしい。 妻は、夫に子供たちを預けて、1人でゆっくりとつかりたいようだ。子育てに、ストレスを貯めている。母親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亭主の修行11・12・13

●亭主の修行11 妻「うちの亭主、下手だから満足できなーい」  ○    ○ 亭主「ちょっと、修行にでかけてくる」 妻「修行って、どこに行くのよ?」 亭主「妻を性的に満足させるため、キレイな女性と特訓する」 妻「それって、浮気だろう」 亭主「違う。妻を満足させられない亭主は、最低だ。修行に修行を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

これも男性の仕事なのだ10

● リストラ亭主と、専業主婦の妻がいる。 亭主「さーてと、仕事にでも行ってくるかな」 妻「あなた、失業中でしょう?」 亭主「アホ。男にとって、ナンパは立派な仕事だ」 専業主婦キーック!  妻「ハローワークに、行けっ」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名誉より五0万円が好き18

●失業中の亭主がいる。小説を書いている。そして…。 亭主「やったー、推理小説大賞を受賞したぞ。副賞一00万円だー」 妻「たった、一00万円。そんなもんで、喜ぶな。小説で、飯なんか食べられないだろう。仕事をしろ、仕事を…」 ○ ○ その息子「やったー、ホラー小説大賞を受賞したぞ。副賞五0万円だー」 妻(母親)「ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more