テーマ:家族

映画忍たま乱太郎に告ぐ

●NHkのアニメから、とうとう実写化されたか。お子様映画なんか、観たくもない。映画の日、他に観るものがないから観てしまった。案の定、青臭い小学生のガキだらけ。 4コマ漫画ふうで、意外と面白かった。物語はたいしたことないが、ガキどもと一緒になって笑ってしまった。「トランスフォーマー」よりは、内容が分かりやすい。いい年こいた親父が、情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ロックに告ぐ

●これは、どこまでが実話なのかな。原作はないのか。フジテレビの朝番組、「わんこのコーナー」で紹介されてことから、映画製作に入ったのかな。 日本テレビも、「ズームイン」で特集を組んだ番組が、映画化されていた。フジテレビは、それをパクッたな。毎回書くけれど、日本は、本当に犬の実話が多いなー。 麻生は、もう30歳過ぎか。まだ、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画コクリコ荘に告ぐ

●ジブリ作品は、やはりファンタジーものが合うな。叙情詩的なものは、実写にしてもらいたいものだ。駿の企画だから、吾郎監督も製作者鈴木も、文句を言えないのかな。文句を言えよ。 ていうか、吾郎監督は、叙情詩的な作品を今後、作り上げていきたいらしい。それはもう、ジブリではない。アニメでもない。路線を変えるなら、吾郎は独立してもらいたいもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画犬飼さんちの犬に告ぐ

●この映画に、原作はあるのか。チラシを見ると、「原作・原案・著」って、書いてある。これは、なんぞや。実話では、ないようだな。それにしても、日本は、本当に犬の映画が、好きだなー。 私生活の小日向は、犬が大好きなのに、映画の中では、大嫌いな役を演じている。しかも、成り行きで2役だ。いつもは脇役なのに、主役を演じられて、良かったね。笑顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画30秒間のセミに告ぐ

●セミは、7日目で死ぬみたいだ。8日目に生き残ったセミは、1人ぼっちで死んでいくらしい。でも、9日目に新たなセミが誕生したら、同じ悲劇を繰り返す。そういう、映画のようだ。 追われるセミに、影を追い求めるセミ。出演者は、みないい演技をしていたなー。永作の大画面の表情が、同情を買いそう。撮影は、ここだけ褒めよう。他は、カメラがブレブレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気店がオープンしたぞーと!バカヤローだー。

●●オラが街に、Y電気が開店した。遠方に系列店が1つある。市内には、2店舗目となる。他にK店、H店もある。何で、YKやBKが進出してこない。買わないけれど、ソフトが充実している、YKに来てほしかったな。 開店、90分前に、原付で家を出た。5分で着いた。携帯イス・手袋・マフラーを持参して、防寒に備えた。本も持参した。 すでに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナリオ・スクランブルジャックin渋谷だー!

●「シナリオ、スクランブル・ジャックin渋谷」。 著者マンタ。電子書籍、500円。文芸社。 ●渋谷に理屈はいらなーい。ふざけた彗星が、渋谷の交差点に落下した。 5万人の国民が踊り狂う、痛快ミュージカルコメディ。だー! ●http://www.boon-gate.com/cgi/search/details.cgi?id=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画自動車のガリバーに告ぐ

●まー、お子様映画かな。理論武装派の大人が観るには、苦しいものがある。原作では、ガリバーは医師のようだな。ここでは、社内の配達係りになっている。 ラピュタは、登場していない。ちょっと、期待していた。残念。小人の国は、昔のイギリス風だ。いっそのこと、小人の国を近代化の世界にすればよいのにと、思った。 現代版だけに、アイフォーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画毎日とうさんに告ぐ

●ド田舎へ引っ越したので、遅れて映画がやってきた。上映されるとは、思ってもみなかった。作者の自伝的な映画だけに、過去をばらしている。8割は、真実かな。 他にも、似た映画があったと思ったな。そちらも、上映を逸したので観ていない。2人の子育ての奮戦記かと思ったら、アル中の夫も育てている。別れられない作者は、育っていない。 戦場カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画イツカさよならはやってくるに告ぐ

●大劇場で、上映をしている。1時間前に、チケットを買っても大丈夫だな。でも、近くに寄ったから、4時間前に買うことにした。えっ、ウソ? おいおい。小劇場かよー。 何でだー? この回だけ、小劇場に移されたようだ。犯人は、マイケルだ。このやろう、いつまでも上映しているんじゃねーよ。早めに買っておいて、良かったな。 上映10分前に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画エクトプラズムに告ぐ

●実話とはいえ、どこまでが本当なのかなー。何で、日本のテレビ局などが、取材をしない。地元警察やFBIが、極秘扱いにしたのかな。 1987年、ガンを患った長男がいる。遠方に住んでいる。で、病院の近くに引っ越してきた。姪も一緒に、住んでいるみたいだ。 そこは昔、降霊術会を研究していた博士たちが、火災(?)で焼死したみたいだ。当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ココとストラに告ぐ

●この6ヶ月で、シャネルの映画が3本も上映されている。なぜだ? フランス映画だけど、ディズニーが協力している。 シャネル本人の自叙伝かと思ったら、原作があるみたいだな。どこまでが、本当なのかなー。このストラなる作曲家って、誰? 全然、知らないんだけど。 前2作のシャネルは、イギリス人とフラン人の愛人が登場し、フランス人が交通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ミレニアムに告ぐ

●スウェーデン映画か。珍しいな。北欧にも、映画制作は存在するのか。知らなかった。原作者は、処女作にして、出版前に心筋梗塞で他界している。もったいなー。 推理映画なのはいいが、登場人物が多すぎる。誰がだれなのか、よく分からない。記者が、名誉毀損罪で敗訴した。記者は幼少時、父がその依頼人の家で働いていた。 大会社の社長(子なし)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画怪獣たちのいる所は島だったに告ぐ

●児童文学、ファンタジーの作品だから、あまりくどい文句は言えないな。母親・姉にもあいてにされない、構ってくれない少年。寂しいよー。 ついにウップンが爆発して、家出をしてしまう。さて、怪獣たちがいる世界には、どのようにして行くのだろうか? どこか、異次元の入り口から迷い込むのかな。 全然、なし。おいおい。そうやって行ったら、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ずっとあなたを愛してるに告ぐ

●起伏はないが、それなりの秀作かな。EU諸国では、数々の受賞をしているみたいだな。加害者側から見た、再出発ドラマだ。 15年間の刑期を終えて、妹の家族とともに暮らすことになった。保護観察官や警察官と、定期的に合う。仕事を探すが、殺人罪だと簡単に就職できない。 姪っ子たちには、内緒だ。周囲にも、ごく一部の人にしか、罪のことを話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more