テーマ:

映画ハリポタ5に告ぐ

それなりに、楽しめた映画かな。ただ説明不足につき、説得力なし。迫力なし。アクション・サスペンス・ドンデン返し、特になし。原作本は読んだけれど、チョット忘れた。 原作が長すぎるから、映画ではやはり描ききれていない。これからの小説家は、映画化されることを前提に、書籍を刊行しよう。長編小説は、止めよう。 冒頭のディメンターは、何な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座席の確保16

○○センターの雑談室にて。 円形で、六人テーブル。イスも六人分ある。自分と、二人の男子高校生が勉強をしている。他にも机はあるが、高校生たちで埋まっている。 そこへ、おばさん五人がズカズカとやってきた。手頃な机が空いていない。どこに座るのかなと傍観していたら、その辺から空いたイスを持ってきて、円形のテーブルに、しかも自分の隣に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性と子供の違い14・15

●女性と子供の違い14 男性の前で、泣きわめく女性。 女性「もー、ヤダー。あれやって、これ取って、それ持ってー。あれ買ってー、これが欲しいー、それでなくちゃ、いやー。うぁーん…」  ○    ○ 母親の前で、泣きわめく子供。  子供「もー、ヤダー。あれやって、これ取って、それ持ってー。あれ買ってー、これが欲しいー、それでなくち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレベーターのスイッチ12・13

●エレベーター前12。 おばさんが、スイッチを何度も何度も、しつこく押している。そんなに押したって、エレベーターは早く来ないんだよ。理屈で、分からないかなー。急ぐのなら、階段を使え。 おばさん「あら、スイッチが壊れちゃった。どうしましょう。階段を使って、逃げよ」 ●更衣室にて13。 とあるスポーツジムの更衣室。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形成外科医の本音10・11

●形成外科医の本音10 おばさん「美しくなりたーい。整形したーい」 形成外科「ご免なさい。土台が悪ければ、直しようがない。ありのままで、強く生きようぜ。手術するだけの自信が、ありません」 良心的な、金儲け主義でない医者より。失敗して、おばさんに訴えられたら怖い。 ●プチ整形11 妻「あたし、整形しちゃったー。美しいでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安い口紅8

●安い口紅8 おばさんへ、面と向かって言えないけれど、一言いわせて下さい。歯に、「口紅」がついているよ。気色ワルッ。キモイ。もっと、高い口紅買えよ。 ●大きなお尻9 おばさんへ、面と向かって言えないけれど、一言いわせて下さい。ケツがでかい。どうして、こんなにケツがでかいのだ? どういう食い物を食べれば、こんなに大きくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麗しき移り香7

銀座の歩道にて。 すれ違う男性と、若い女性がいる。 男性「若くて美しい女性とすれ違うとき、ほのかにただようイタリア製の香水の移り香。ジャネルの六九番だな。素晴らしい」  ○   ○ 銀座の歩道にて。すれ違う男性とおばさんがいる。 男性「すれ違うときの、この強烈な臭い。悪臭。勘弁してよ」 おばさん「あたしも、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無駄な消費電力6

エレベーター前にて。 おばさんは、階段を使わない。使うのを嫌がる。運動を嫌う。例え一つ上の階に行くにしても、エレベーターを使用する。 おばさん自身の仕事が忙しくても、エレベーターを使う。いつまでも、来るまで待ち続ける。時間的なロスタイムは、おばさんには通用しない。 気にしない。どうみても、バリバリに働く元気なおばさんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の真ん中を歩くな5

歩道を自転車で走っていると、おばさんたちが背中を向けて前を歩いている。毎回、左右どちらから追い越そうかと悩む。 おばさんの大半は、バカ笑いしながら、左右ふらついて歩いている。周囲に、全く気をつけていない。見ていない。危機感がない。そのうち、事故に遭うぞ。 おばさんには、「気をつけてね」という言葉はいらない。なぜなら、おばさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後ろ向きで歩くな4

とあるスーパーの玄関口にて。 自分が松葉杖で歩いていたとき、三0歳前後のおばさんとすれ違った。駐車場でイベントをやっていたので、その場でお互いに立ち止まった。縦に並んだ。 ところがそのおばさん、後ろ向きで自分に向かってきた。自分の存在に気づいていない。おいおい。ぶつかるじゃないか。 警戒していなければ、転倒していた。お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレベーターの前に立つな3

エレベーターのドアが開いて、乗っていた自分が最初に出ようとした。おばさんが、ドアのど真ん中で突っ立っていた。出られない。 あんたが邪魔で、出られないんだよ。「どいて下さい」と言って、脇にどいてもらった。二0代前半の、独身のおばさんだった。 おばさん、ど真ん中で待っていれば、最初に入れると思ったら大間違いだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁と男性の間と2

エレベーター前にて。 自分と男性とその妻が、エレベーターが下りてくるのを待っていた。向かって左側、男性が壁によりかかっている。 エレベーターが開き、おばさんが出てきた。ところがそのおばさん、壁と男性の間をすり抜けて、立ち去って行った。男性は、とっさに避けた。 我々は、出る人のために、真ん中を開けて待っているのだ。何で真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予測不可能な動き1

おばさんたちに告ぐ 幅三メートルの歩道にて。 おばさんが一人、背中を向けて歩道の中央を歩いていた。自転車に乗っている自分。右・左、どっちから追い越そうかと思案する。 右だ! と思って追い抜こうとしたその瞬間、そのおばさんは突然、一六時の方向、しかも後ろ向きで二メートルほど走って後退した。その後、また歩道の中央を何気なく、歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ47

ツクバ市。ツクバ科学研究都市。最終回。 ニュー・マンタロウ誕生。 マンタロウは、渋々と、仕方なく、職安に行った。パソコンで検索し、20ヶ所ほどピックアップした。窓口で相談すると、職員が求人会社に電話を入れてくれた。 しかし、先方の会社が、求職者がマンタロウだと知ると、不向きと認識して面接を断った。マンタロウの希望が、ことご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ46

怪獣ウワキ。 茨城県、筑波山のふもと。トモコの実家。農家。 トモコの両親、祖父母は、青空の下で汗水を流して働いている。 マンタロウは、居間でテレビゲームをして楽しんでいる。浮気調査の探偵もののゲームだ。チョット、イラついている。白いTシャツにトランクス姿だ。 人間の姿で、生活をしている。素顔をさらけだしている。見た目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばさん仮面45(マンタロウ)

ガンバラナイ星人。 東京都、原宿。 16歳の女子高校生、星子がいる。 星子「やっぱり、あたしが立ち上がるしかないようね。マンタロウに代わって、お尻をペンペンするわよ。ヘンシーン、美的少女っ!」 ピカーっ。キラキラキラーっ。 と思いきや。星子は「美的少女」ではなく、「おばさん仮面」に変身してしまった。ドスンドスン。ズング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ43

マンタロウ・マザー。 埼玉県さいたま市、荒川河川敷。 トモコと息子マンジロウの2人が、荒川の河川敷で散歩をしている。マンジロウは、乳母車に乗せられている。バブバブ。 大勢の家族連れが、散歩をしている。2人の男女が、仲良く手をつないで歩いている。男性は若いが、女性は年配者だ。どうやら、親子のようだ。マザコンのようだ。キモイ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ42

怪獣西朝鮮。 西朝鮮から、またミサイルが5基も発射された。日本が危ない。10分以内で阻止しなければ、日本に着弾してしまう。防衛省から、マンタロウに緊急出動が要請された。 マンタロウは、今回はやる気を見せた。一生懸命飛んで、ミサイル阻止に力量を発揮してみせた。でも、またムダに終わった。間に合わなかった。防ぐことはできなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ41

怪獣偽装職人(将軍様編)。 西朝鮮の将軍様が、怒っている。何で、ミサイル攻撃が不発に終わるのだ。どうして、日本に着弾しない。爆発しない。納得がいかない。大佐に、説明を求めている。 大佐「おかしいですねー。半導体などの大半の精密製品は、日本製なんだけどなー。もの作り大国、日本。彼らの技術は神業ですから、失敗するはずがないんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ40

怪獣西朝鮮、ニセ・マンタロウ(ミサイル撃退編)。 夜。家賃3万円、2LDKの5階建ての県営アパート。 5階に、マンタロウの家族が暮らしている。マンタロウが、居間でプカプカとタバコを吸っている。防衛省から提供された、最新式のミサイル探知装置が家の中にある。 監視衛星がミサイル発射を捕捉すると、真っ先にマンタロウの家に届く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ39

怪獣西朝鮮(禁煙編)。 夜。家賃3万円、2LDKの5階建ての県営アパート。5階に、マンタロウの家族が暮らしている。マンタロウが、居間でプカプカとタバコを吸っている。 防衛省から提供された、最新式のミサイル探知装置が家の中にある。監視衛星がミサイル発射を捕捉すると、真っ先にマンタロウの家に届くようになっている。 ピーポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ38

怪獣西朝鮮(窓ガラス編)。 埼玉県、さいたま市。県営住宅。真夏。夜。 家賃3万円、2LDKの5階建ての県営アパート。マンタロウが、ポテトチップスを食べながら、お笑いのテレビ番組を見ている。ゲラゲラと、笑っている。窓が締め切られている。クーラーが効いていて、室内は涼しい。 防衛省から提供された、最新式の「ミサイル探知装置」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ37

怪獣西朝鮮(ミサイル攻撃編)。 埼玉県、さいたま市。夜。 家賃3万円、2LDKの5階建ての県営のアパート。5階に、マンタロウの家族が暮らしている。ベランダで、マンタロウがプカプカとタバコを吸っている。ホタル族だ。 トモコが、居間でテレビを見ている。「西朝鮮から、日本に向けてミサイルが5基も発射された」、という報道が流れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ36

ガンバラナイ星人(駐車違反編)。 群馬県、前橋市。 マンタロウは、埼玉県の浦和市から、レンタカーに乗って現場にやって来た。酔いが、すっかり醒めている。酔っ払い飛行の取り締まりが、こたえたようだ。駅前近くの道路に駐車した。 ガンバラナイ星人が、街で暴れている。マンタロウは巨大化して、戦いに参戦した。ガンバラナイ星人と戦った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ35

ガンバラナイ星人(酒気帯び飛行編)。 埼玉県、浦和市。 マンタロウが、人間の友人たちと一緒に、居酒屋でビールを飲んでいる。飲みすぎ。酔っている。その居酒屋の黒電話が、鳴った。防衛省からの連絡だ。緊急出動だ。ガンバラナイ星人が、群馬県、前橋市で暴れているようだ。 マンタロウ「もー、いい気分で飲んでいたのにー。面倒臭いなー。行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ34

怪獣アタシサビシイノ。 横浜市 巨大ショッピングセンター。 若い女性の巨大怪獣が5頭、街で暴れている。怪獣A・B・C・D・Eと呼ぼう。 そのうちの怪獣Eは、人妻だ。結婚したものの、亭主に全然相手にされない。夜の営みも、ない。結婚前は、会えば必ずやっていたのに、結婚してからは、音沙汰なしだ。 彼女は、出来ちゃった結婚だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吠えろよワンタロウ33

ドロボン星人。 東京都大田区、田園調布。 その翌日。住宅街で、ドロボン星人が他人の家に侵入して、泥棒を働いている。中学2年生の男子生徒、ヒカリが立ち上がった。 犬笛を吹いて、「ワンタロウ」を呼んだ。犬笛なので、人間の耳には聞こえない。犬にしか、聞こえない。 ヒカリ「ワンタロウーっ!」 ワンワン、と吠えながら、セント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吠えろよワンタロウ32

ドロボン星人。 東京都、代官山の住宅街。 代官山で、ドロボン星人が他人の家に侵入して、泥棒を働いている。中学2年生の男子生徒、ヒカリが立ち上がった。笛を吹いて、「マントル大使」を呼んだ。ピヒヒヒーッ、ピヒヒヒーッ。 ヒカリ「マントル大使―っ!」 おかしい。音がでない。これでは、マントル大使が来ない。 ところが、ワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦えよウルトラ・マンタロウ31

怪獣ナマハゲ(マンタロウ・ベビー)。 埼玉県、さいたま市。県営住宅。 マンタロウとトモコが、5階建ての5階に住んでいる。マンタロウは、トモコと結婚をした。さらにそのトモコが、男の赤ちゃんを産んだ。人間の姿をしている。トモコにそっくりだ。マンタロウに似なくて、良かったね。 ベビーもモビルスーツを着用すれば、偉大なウルトランの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セクシー・アフロ30

怪獣コジロウ。 山口県、下関市、巌流島。 巌流島で、怪獣コジロウが、朝から巨大な岩に腰掛けて、マンタロウが来るのを待っている。じっと、何時間も待っている。遅い。イライラしている。 もう、夕方になった。来た。海から、最新式の高速船がやって来た。岸壁に接岸された。高速船から降りてきたのは、ショートパンツをはいたマンタロウの妹、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more