テーマ:女性

映画フランスの天気予報士に告ぐ

●ニューヒロインというけれど、悪漢役は誰なのだ? アクションなし、格闘技なし。チラシ情報によると、どこが強いのだ? 何も、戦っていないではないか。 コミック漫画の映画化のようだ。ベッソン監督の、久々のコミカル作品だ。ちょっと、落ちたな。もう、年かな。製作・脚本で、稼いだほうがいいかもしれない。 教授が、おかしな科学実験で、翼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画臓器回収業の男に告ぐ

●近未来の、アメリカのとある都市。人工臓器を移植したものの、ローンが返済できない。担保として、他の臓器を提供するという契約をさせられる。 回収屋(ジュード、フォレストたち)が、その場で殺害(?)し、臓器を持ち去っていく。そういう法律が、施行されているみたいだ。 そんなある日、ジュードに何かが起きた。予想通り、回収屋たちに狙わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画またたきに告ぐ

●映画の日だと言うのに、今回は、観たい映画がない。1本だけだ。ゾンビものも、飽きた。見たいとは思わない。レンタルで、いいや。つまらんなー。 で、何が瞬なのか、タイトルの意味が、最後まで分からなかった。一瞬の、事故の出来事か。バイクに乗っていて、男性がトラックにぶつけられて死亡した。 景子は、記憶を失った。記憶を取り戻そうと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画黄色いハンカチに告ぐ

●オラが街で、上映していない。近隣の市でも、上映していない。ネットで調べると、東京方面の松竹系列でしか上映していない。ウソだろー。信じられなーい。 レンタルが出るまで、待つしかないのか。と思ったが、東京へ行く用事があったので、午前中に鑑賞することができる。 駅周辺にある、チケットショップを調べた。10時頃、駅に着いた。ところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画新ユニバーサルソルジャーに告ぐ

●1作品目は、1992年に上映されたのか。18年ぶりだ。これは、その続編のようだな。ジャンもドルフも、年をとったなー。体力など、ないだろう。 チェチェンのテロリストが、ロシア首相の子どもを誘拐した。誘拐犯は、新型のユニソル(UFCチャンピオン)だ。しかも、チェルノブイリの反応炉に爆弾を仕掛けた。 アメリカから、4体の旧式のユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画カティンの森に告ぐ

●レンタルDVD屋へ行くと、なぜかこのDVDがあった。レンタルの場合、通常、上映6ヵ月頃から店頭に並ぶものだ。 となると、本日観た映画は、超リバイバル作品か。上映が、遅いなー。考えてみたら、この監督の作品を、あまり観たことがない。監督の父も、この森での犠牲者のようだ。 1939年9月、ドイツとソ連が戦争に入った。その中間に位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD掠奪(りゃくだつ)された7人の花嫁に告ぐ

●ミュージカルはいいなー。不自然な内容でも、一切を払拭して、理屈ぬきで楽しめる。30年前、テレビシリーズで見た。出演者は違うが、映画は1954年製作になっている。 20年前、レンタルビデオから借りて、3倍速でダビングをした。さすがに、20年以上も経つと劣化している。画質が悪い。 で、DVDを購入することを決意した。10数件以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画6人のお花たちに告ぐ

●真野(?)、 蒼井、竹内・田中・仲間(鈴木・広末とその子ども)らが登場する家族構成になっている。3世代というより、正確には「5世代」だろうな。 1936年で、蒼井が登場している。残念ながら、上映時間の関係か、戦中戦後の出来事は描かれていない。映画だと、無理だろうな。 可もなく、不可もなく。まあまあかな。上映時間の関係で、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻の髪型が変わったのだ6・7・8・9

●妻の髪型が変わった6 妻の叫び声「美しくなりたーい。あなた、髪型変えたの、気づいてくれたかしら」  黙って新聞を読んでいる、亭主。無視。 妻「少しは気づけよ。おい」 ●妻の髪型(気づいて編)7 妻「美しくなりたーい。あなた、髪型変えたの、気づいてくれたかしら」 亭主「だから何? それがどうした? 気づくと、いいことある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役に立つ夫2・3

●妻(三0代)「あなた、浮気は絶対にしないと、言ったじゃない」。 亭主「お前、鏡見たことあるのか。三0歳以下じゃないと、ボッ○しないんだよ」 妻の前では、役立たずの夫。でも、若くてキレイな女性だと、物凄く役に立つ男性。 ●ゴロゴロが好き3  アホ息子は、ニート。外出恐怖症、就労恐怖症、自信なし症候群、慢性疲労症候…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

家庭と仕事1

愛しき妻たちに告ぐ 家庭と仕事 1 妻「仕事と家庭、どっちが大切なの?」 亭主「仕事じゃ。俺が働くから、お前たちが食べていけられるのだろう」  ○    ○ 亭主が、リストラで退職した。 妻「毎日毎日、家の中でテレビばかり見ていないで、仕事でも見つけなさいよ。ゴロゴロしているんじゃないわよ。邪魔なんだよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デートでクーポン券を使うなー48

●結婚前。 女性A「あたし、レジでクーポン券を使う男性って、大嫌い。サイテー。デート代くらい、豪快に使ってよー」 男性B「ご免なさーい、ご免なさーい」 ○ ○ 結婚後。 妻A「何で、チラシのクーポン券を使わないのよー。昨日、スーパーで割引券をもらったでしょう。1年かけて貯めたポイントを、何で捨てるのよー。生活で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チヤホヤされたーい46

●女性「最近、全然チヤホヤされなくなっちゃった。どうしてなの。とても、仕事が厳しすぎるんだけど。これは、男性の仕事でしょう。女性の仕事じゃないでしょう。女性を大切にしてよ」 男性「今は男女平等の時代だ。美人だからと言って、容赦しません。ビシビシと行きます。チヤホヤなんて、誰がするか。実力主義なんだよ。現実は過酷なんだよ。甘ったれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チヤホヤされたーい45

●10代女性「男性たちからチヤホヤされると、とってもうれピー。笑顔が素敵でしょう。ぶりっ子、ぶりっ子。美人だから、すぐ痴漢にあっちゃう。もう、頭にくる。ウフ…。わーい、こんなにプレゼントをもらっちゃったー。現金もいただき。やったね。若いって最高ー」 20代女性「あたし、チヤホヤされたいんですー。キャー、こんなことでほめられちゃった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しくなりたーい43・44

●美しくなりたーい(メガネ編)43 女性「もっと、美人になりたーい」 メガネを外したら、美人になれるよ。 女性「コンタクトは、きらーい」 美をとるか、視力をとるか。それが問題だ。おばさんは、即効で視力を選ぶ。 ●美しくなりたーい(スッピン編)44 女性「もっと、美しくなりたーい」 化粧を止めたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェディング抱っこ41・42

●ウェディング抱っこをされたーい41 女性「結婚して、幸せになりたーい。愛する亭主に抱っこされて、ベッドに行きたーい」 男性「重くて、持てません。腰を悪くしたら、どう責任をとってくれるのだ」 ブクブク。結婚式まで、やせるぞー。結婚式当日は、食べるぞー。ウフ。 ●お姫様抱っこをされたーい42 女性「あたし、ネ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

命のひきかえに(超短編小説。臓器移植編)

●ロサンゼルス。病院。 病室のドアには、「Yosio Ohkuro(大黒義雄)」と明記されている。ベッドの上では、チューブにつながれた義雄(2)が、仰向けで寝ている。腎臓・肝臓・小腸等に先天的な疾患がある。危篤状態だ。 看護師である母敏子が、悲観に暮れ、「ご免ね、ご免ね…」とただひたすら謝って泣き伏せている。義雄には、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性の価値27・28

●男性の価値27  年収一000万円。そんな男性、どれだけいるのであろうか。一000万円もないと結婚できないのだから、男性の結婚は、受難の時代だな。開き直って男性は、やりまくり、遊びまくろう。できちゃった結婚なんか、無視だ。やり逃げだ。  年収一000万円以上ないと女性を幸せにできないのであれば、そんな男性は、クズだ。最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花嫁修業26

 華道・茶道・舞踊・書道・炊事洗濯家事掃除、そんなもの昔の話だ。女性が、結婚をするために習う事など何もない。 男性の愛さえあれば、必要ない。美しい「身体」さえあればよい。知性も教養も、必要ない。女性は、バカでも結婚できるのだ。  男性は、女性より利口で体力もないと、結婚はできない。でも、Hなテクニックも必要だ。それは、どうや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年収一000万円25

今の生活を落としたくない。レベルを下げたくない。だから、年収一000万円の男性でなければ、結婚できない。 ゆえに、貧乏男性は、女性との付き合いもできない。デート代すら捻出できない。お金がないから、ナンパをする勇気もない。自分が生活するだけで、精一杯だ。 逆説を言えば、結婚に縁のない女性の場合、女性が結婚したければ、年収一00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少子化対策の提案24

女性も、時に結婚願望はなくても、子供は欲しいようだ。だったら、俺の子供を産んでくれー。やったら、逃げる。 やり逃げだ。後は知らん。責任は取らない。女性は、逃げた男性を追いかけないで下さい。 男性は次の女性を探して、また産ませよう。産ませたら、また逃げる。女性も、多くの男性と関係をもって、二人も三人も子供を産んで育てる。結婚を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女性の夢22・23

●女性の夢22 女性「結婚式で、ウェディングドレスを着たーい。女性の夢…」 男性「着たかったら、自分のお金で支払え」  結婚式は、市役所で「婚姻届」の提出で終わり。式に使う予算なんか、ネーっ! 生活費の捻出で、精一杯だっ。 女性「やっぱり、男性には、年収一000万円が必要ね。選択を誤った…」 ●男性の夢23…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お化粧21

 今日は、初デート。ウフ。ノーメークなんて、できません。 女性「あーん、ファンデーションのノリがわるーい。ムラがでる。目元の濃さが左右ちがーう。手がすべって、頬に紅をさしちゃったー。 頬紅の濃さも、ちがーう。アイラインが上手にひけなーい。目元がくすんでるー。今日は、何色の紅をさそうかなー、ルンルン。 あーん、ヘアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆切れ20

女性「あたし、悪い箇所があれば、しかって欲しいんです。そんな男性が、好き」 男性上司「お前、何やっているんだよ。それは違うだろう。こんな、簡単なこともできないのかー?」 女性「(怒声)うるさいわね。このくらいのことで、ガタガタ言っているんじゃないわよ。いいから、早くしなさいよ」  しかって、ほしいんじゃないのかよ。逆切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しかってほしいんです19

女性「あたし、悪い箇所があれば、しかって欲しいんです。そんな男性が好き」 男性上司「お前、何やってんいるんだよ。それは違うだろ。こんな簡単なこともできないのかー?」 女性「あたし、会社を辞めさせてもらいます」 男性上司「しかって、ほしかったんじゃないのかよ。そういう男性が、好きなんだろう」 女性「怒られると、あー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フニャチン18

女性「あたし、強くて優しい男性が好き」 男性「やっと、男の価値が分かってくれたか」  二人が、ベッドインしている。フニャ。 女性「ちょっと、何よこれー。小さいし、フニャフニャじゃない。臭い。三こすり半、早すぎる。満足できなーい」 男性「ご免なさーい。こればっかりは、努力しても克服できないんです」  女性は、ベッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優しすぎる男性17

女性「あたし、優しすぎる男性って嫌い。強くてたくましい男性が好き」 男性「うるせっ、この野郎。優しすぎて、悪かったな」  ○    ○  優しくない男性と、結婚した。その亭主が、女房に暴力を振るっている。 亭主「てめえ、亭主をなめんなよ。強い男性が、好きなんだろう。飯、フロ、ビール、新聞。黙って持って来い、グダグダ言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事が好き16

 仕事を辞め、愛する男性と結婚した。憧れの専業主婦。子供もできて、シ・ア・ワ・セ。でも、なんだか物足りない。何か、不幸せを感じる。  炊事洗濯家事掃除、いい加減面倒くさい。ものすごく、優しすぎる亭主。チョット不満。時に、イラつくことがある。 二四時間、子育てに追われる。やることなすことが、同じことの繰り返し。単調な生活。何だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性が職場に復帰する時15

 とある警察署。コカイン所持の疑いで、女性が逮捕された。トイレで、コップをもった女性が尿を採取しようとしている。ドアを開けたまま、男性警察官が監視している。 女性「ちょっと、何で開けているのよ。閉めてよ。出せないでしょう」 警察官「不正があると、困るんでね。監視させてもらうよ。早く、ミニスカートを下げて。コップ、持ってて上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全ての女性が職場を去るとき14

女性「結婚して、幸せになりたーい」 女性の幸せは、専業主婦にあり。「女性幸せ保護法」が制定された。男性政治家が、女性のその幸せを実現させました。 女性を守り、幸せにするのは男性の義務です。女性はそれを、「権利」という。その結果、日本中の職場から、全ての女性が消えてしまった。 専業主婦の夢がかなって、みんな幸せになった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more