テーマ:マンガ

エキストラだぞー5、夏冬編。

●映像を撮る上で、夏のシーンには冬場に撮る。冬のシーンには、夏場撮ることが多い。当然、その背景には注意を払わないといけない。 監督は、当然、分かっているよな。カメラには、思いっきり、景色が違っている。もう、CGで背景をごまかすしかない。予算はふくれるが、そのまま、背景を使うなよ。 背景でなく、エキストラ・出演者にも、服装が求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画星守る犬に告ぐ

●人気のあるコミックとして評判だったけれど、特に、お涙するような内容でもなかったな。これは、監督・脚本の描き方が、悪いと思う。 むしろ、西田・おじさんの視点から、切なさを感じてしまった。西田を見ていると、自分とだぶらせてしまう。 ていうか、ダメな親父・亭主として描かれているから、自殺に至ったのも、自業自得かもしれない。自分は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画Xメンに告ぐ

●若き日のプロフェッサー(P)と、マグニート(M)の物語だ。最近見ないけれど、ナチス将校かつ超能力者に、ケビン・ベーコン(K)が出演している。彼が一番、ギャラが高そうだな。 1944年、Kによって、母を失ったM。Mは、ユダヤ人のようだ。念動力を使えば、エホバ以上の神様になれるぞ。いわゆる、モーゼやイエス以上の救世主だ。 Mは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画一歩・二歩・散歩に告ぐ

クリフハンガーみたいなアクション映画なら、面白い。読んだことはないが、マンガが始まった頃、日本で山岳映画は撮影されないと思っていたら、上映されてしまった。作者は、経験豊富なクライマーなのかな。 元軟弱クライマーの自分としては、役者は大変だぞー。その日の壁が登れなくとも、体が覚えているので、後日登ることができる。でも、映画撮影は違う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画天使の戦いに告ぐ

●何だかなー。現実と妄想と超妄想が絡み合って、物語がよく分からない。ていうか、観客を無視して、監督が好き放題で描いているのだろうな。 監督は、親日派か。ウォゥシャウスキー兄弟みたいに、日本のアニメ文化に浸った1人か。主人公は、セーラームーン・プリキュアをマネしているな。バトルスーツを着ないと、危ないだろう。 大魔神もどきが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「MVPEN、EN240」を購入したぞー、と。

●ネット通販で、通常14000円のところを、総額約5900円で購入した。やったね。楽天のポイントもついた。 10数年前から、パソコンで絵を描きたいと思っていた。でも、家電屋のスタッフに聞いても、「どうやって描くのか、分からない」と言っていた。知識が豊富な家電スタッフでも、対応に苦慮している。 ネットでHPを閲覧すると、腐るほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ガンツ2に告ぐ

●最近のテレビ局は、連続ものの映画になると、2作目の上映直前で、1作目を放映する傾向があるな。それも、若干、テレビ向けに内容を変えている。 映画製作の段階で、すでにテレビ用の企画(作品)が決まっていたのであろう。レンタルDVDは、通常上映終了後、6か月目で、レンタルが開始されるものだ。こういうのが続いたら、レンタル屋は、いい迷惑だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナリオ・スクランブルジャックin渋谷だー!

●「シナリオ、スクランブル・ジャックin渋谷」。 著者マンタ。電子書籍、500円。文芸社。 ●渋谷に理屈はいらなーい。ふざけた彗星が、渋谷の交差点に落下した。 5万人の国民が踊り狂う、痛快ミュージカルコメディ。だー! ●http://www.boon-gate.com/cgi/search/details.cgi?id=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画自動車のガリバーに告ぐ

●まー、お子様映画かな。理論武装派の大人が観るには、苦しいものがある。原作では、ガリバーは医師のようだな。ここでは、社内の配達係りになっている。 ラピュタは、登場していない。ちょっと、期待していた。残念。小人の国は、昔のイギリス風だ。いっそのこと、小人の国を近代化の世界にすればよいのにと、思った。 現代版だけに、アイフォーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画毎日とうさんに告ぐ

●ド田舎へ引っ越したので、遅れて映画がやってきた。上映されるとは、思ってもみなかった。作者の自伝的な映画だけに、過去をばらしている。8割は、真実かな。 他にも、似た映画があったと思ったな。そちらも、上映を逸したので観ていない。2人の子育ての奮戦記かと思ったら、アル中の夫も育てている。別れられない作者は、育っていない。 戦場カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画塔の上のショコタンに告ぐ

●全然、観る予定がなかったが、震災の影響で、鑑賞予定の作品がなくなった。 で、仕方がないから、ラプンツエルを観た。母親とガキだらけ。おっさん1人で観ていると、浮いてしまう。選択を、間違えたか。とはいえ、他でも、アニメしか観るものがない。 CGとはいえ、動きが繊細で、映像もキレイだな。さすが、ディズニーだな。 ディズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画赤い線に告ぐ

●製作期間7年、作画枚数10万枚。CG全盛期の時代で、アナログで手書きアニメを作るとは、いい根性しているな。 7年間も、銀行はよく我慢できたな。プロデューサーも製作費・スタッフの給料を捻出するのは、大変だろう。 製作費を抑えるために、やはり、中国人(韓国人)スタッフを雇用しているみたいだな。 筆で色彩を描いていると思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画暴れん坊将軍コウに告ぐ

●原作者も、よくもまー、男女逆転という、大胆・無謀な設定を考えたな。物語は、7代目将軍から、始まっているみたいだな。 江戸の町を、女性労働者たちが作っている。全然、様になっていない。腕だけを動かし、腰が入っていない。荷物も、軽すぎる。 力仕事は、男性がいないと、町を作ることはできないだろう。男性は希少価値があるから、あまり労…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画やっと届いたに告ぐ

●原作は読んだことはないが、マンガだともっと、面白いかもしれない。劇場内は、ギャルが多いな。 多部ちゃんは、「踊るドクター」とは違って、性格を180度方向転換させた演技だな。私生活では、滅茶苦茶明るい性格だろう。 最近の映画・ドラマは、春馬みたいに、イケメンが多いなー。ブタメンが主役では、興行収益が落ちるか。 それにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画シーモンキー3に告ぐ

●3D(2000円)は高いので、2Dで観た。奥行きのある、飛び出す映像でもないな。3Dで観るだけの、価値はないと思う。しょせん、邦画のレベルは、こんなものか。 ハリウッドなら、もっと予算をかけて、レガリアのセットを製作するだろうな。日本は、これが限界か。ちょっと、緊迫感なし。大道具さんの努力だけは、評価しよう。 ハリウッドな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画犬の名はベックに告ぐ

●バンドのメンバーを集め、デビューを夢見て、大会(?)に出場するサクセス音楽映画かな。監督が堤とは、意外な組み合わせだな。この手の作品も、描くのか。 マンガは読んだことはないが、チラシによると、作画と登場人物はそれなりに似ているな。イメージに、合わせている。 堤は、健の歌に対して、どういう演出効果を狙っているのだ。これは、卑怯な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画王様ゲームに告ぐ

●漫画家江川達也が、原案・監督を任された作品のようだ。映画の日なのに、自分を含めて2人しかいない。大赤字になりそうだな。責任、取れるのか? 10人の男女が、とある施設に招かれた。王様ゲームを、10日間ほど実施するよう命じられる。そして、1人2人と消えていく。 主催者の目的は、何なのか。スパイは、誰なのか。10人に、共通点はあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画汚い色キレイな色他人の色自分の色に告ぐ

●昔、実写版で映画化されたのかな。全然、知らない。ラジオでも、放送されているのかな。テレビドラマなら分かるが、アニメ映画として復活するのも、また珍しいな。 意外と、観客が多いな。この女性作家は、鉄子か。昔、二子玉川を走っていた電車が、登場している。小説でも、ここまで描いているのだろうか? 背景画が細かいな。どうも、実在する風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画魔法使いの師匠に告ぐ

●ファンタジアは、はるか太古の時代に見たことはあるが、物語は忘れた。そのパクリ作品のようだ。それとも、ハリポタかドラゴンボールのパクリかな。 紀元700年頃のイギリス? 偉大な魔法使いと魔女がいて、男性側に3人の弟子がいた。女性の弟子を巡って、男性の弟子2人が争ってしまう。善と悪に別れる。 ニコラスは、1000年以上もかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画飛ーべー飛べーハーーッチーに告ぐ

●自分のガキの時代のアニメだけに、懐かしさに釣られて、観に行ってしまった。劇場は、ガキんちょと母親だらけ。 テレビアニメの内容は、もう覚えていないな。忘れた。今のガキどもは、ハッチのことを知っているのかな。DVDでも見て、一応、理解しているのかな。 あの頃は、面しろ楽しく見ていたが、大人になると、理論武装派になると、あのハチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画エアベンダーに告ぐ

●不幸にして、チョコチョコと眠ってしまった。内容が途切れ途切れで、覚えていない。理解できていない。 アメリカンコミックから、ナイト監督は、映画を製作したみたいだな。気・水・土・火の国が、存在していた。100年前、火の国が支配し、気の国は滅びた。 気の国で、唯一の生き残りのアン。4つの力を操れるアバター(分身)として、復活する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画小人なんてアリエナイッティに告ぐ

●今回の宮崎氏は、企画・脚本だけを担当したみたいだな。2人の顔立ちは、宮崎アニメだけど、他の人物顔は、監督が描いたかんじだな。 この歌手、何をしゃべっているのか、よく分からない。聞きとれない。音楽担当も、替わっているな。ジブリも、世代交代を考えているようだな。 声優もなー、役者でなく、プロを起用してもらいたいものだ。何だか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画フランスの天気予報士に告ぐ

●ニューヒロインというけれど、悪漢役は誰なのだ? アクションなし、格闘技なし。チラシ情報によると、どこが強いのだ? 何も、戦っていないではないか。 コミック漫画の映画化のようだ。ベッソン監督の、久々のコミカル作品だ。ちょっと、落ちたな。もう、年かな。製作・脚本で、稼いだほうがいいかもしれない。 教授が、おかしな科学実験で、翼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画鋼鉄男2に告ぐ

●アメコミのヒーローは、通常、正体を隠すものだ。1作目のラストで、自分がアイアンマンだと名乗ってしまった。軍部は、「その武器を引き渡せ」と命令してくる。 冒頭のモナコのレース会場で、元物理学者のミッキーが、復讐のために、ダウニーを殺害しようと暴れまわる。が、簡単にやられてしまう。 ダウニーの敵は、軍部か黒人軍人か、武器商人か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ゼブラクイーンに告ぐ

●映画の日、他に観るものがないので、ついつい観に行ってしまった。やっぱり、レンタルDVDにしておけば、良かった。1000円、損をした。 脚本が宮藤だから、少しは期待をしてしまった。ラストでの勝ち方が、納得いかないな。見苦しい、終わり方だな。 仲が、エロっぽい。映画「時を…」とは、イメージが全然、違う。歌は、上手そうだな。大河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画じゃがいもの芽の毒素(原題)に告ぐ

●もう、4週目かな。上映当初から、鑑賞予定がなかったけれど、映画の日まで興行していたので、観に行った。小劇場だ。1日に1回しか、上映していない。 24時間前に、チケットを購入した。どうせ、当日は、ガラガラだろう。で、行った。ドッヒャー、105パーセントも観客がいた。満席だ。さらに、折りたたみイスまで持ち込んで、後ろの壁際で数人が観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画エリザベスに告ぐ

●元々見るつもりはなかったが、他のブログなどによると、相当評価が高いので、釣られてしまった。 他の作品との兼ね合いから考慮して、このレイトショー(1200円)を見れば、都合よく、ポイントも来店回数も同時につく。同時に、2本分の鑑賞券が手に入る。 何だか、訳の分からん映画だな。マンガもアニメも、見たことがない。余計な脚本・演出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画最終楽章(後編)に告ぐ

●コメディーとしては面白いけれど、それほど、起伏のある内容ではないな。非凡な恋愛物語で、終わっている。 前編では、音楽に集中したいがために、千秋は別れを告げたと思っていたが、別れていないではないか。あの楽団は、どこへ行った? それにしても、観客が少ないな。冷たい雨で、お客も外出をためらったか。コナン・アリス(3館3D)に、食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ハニーも外国人に告ぐ

●この作品は、原作者本人が、実名で登場しているのか? しかも、夫婦でどこかで出演しているみたいだ。自叙伝か? 父親のことも、実話なのかな? 国際結婚の時代だ。外国人と結婚すると、2人はどんな苦労をするのだろうか? 亭主がアメリカ人だから、普通だな。まだ、ましなほうだ。 亭主が、イラクなどのイスラム教徒だと、日本人妻はもっと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画戦場でワルツをに告ぐ

●監督・脚本・製作まで、アリ本人の過去の体験記として、映画化されたみたいだ。但し、CGアニメの監督は、別な人が担当しているようだ。 どこまでが真実なのか、記憶喪失も本当なのかな。アリは、当時の軍友を探して、過去の記憶をとりもどそうとする。その軍友たちの回想として、物語が描かれる。 たどり着いた記憶は、1982年、レバノンでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more