テーマ:うつ

チヤホヤされたーい21・22

●チヤホヤされたーい21  とある職場にて。 ギャル「あたし、チヤホヤされたーい」 おばさん「誰に、言っているのよ」  ここは美容院、化粧品売り場、女性専用エステなどなど。誰があんたになんか、チヤホヤするのよ。冗談じゃないわよ。ここは、女性だけの職場よ。バカじゃないの。いじめてほしいの。 ギャル「うつになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会にとって価値の低い職業は専業主婦だ20

● 専業主婦は、家庭の中で従事する職業だ。外に向けられることがない。社会性がない。付き合いが乏しい。 家庭内だけでしか、価値がない。活用方法がない。亭主と子供だけが相手だ。つまらん。刺激がない。脳が活性化されない。  社会から取り残される。情報から、取り残される。亭主、子育て、家庭だけでしか役に立たない。上司がいるわけでもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自傷行為は自殺ではない19

●女性は時に、自傷行為に走ることがある。それでも、生きている。本当に、死にたいという意識がないからだ。つまり中途半端だ。 手首を切る。その傷が、一つではない。無数にある。夏でも、長袖を来ている女性を見かけたら、気をつけろ。 男性の場合、自傷行為はほとんどしないのではないか。自殺未遂はあっても、自分の体を傷つけるような行為はし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ人は悩むのか(欲が多すぎ)18

●答えが一つだけなら、考える必要がない。それしか道はない。選びようがない。悩みようがない。 選択肢が二つあれば、イエスかノーで決するしかない。それでも、人は迷う。天秤にかけても、重い・軽いだけで、簡単には選べない時がある。 安いか高いか。品質か量か。ブランドか無名か。見栄か借金か。決断にも勇気がいる。こっちも必要、あっちも必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性の修行と女性の産みの苦しみと17

●男性は、将来女性と結婚し子供をもち、家庭を築く。そのため、職業に就いて技術を習得しなければならない。学問に、励まなければならない。在学中も勉強、卒業しても勉強、仕事場でも勉強、親方に学ぶも勉強。 一流の職人になるために、厳しい修行に耐えねばならない。世間が「神の手」だと認めても、本人は、まだ一人前ではないと否定する。男だなー。職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつと化学物質過敏症と(農薬編)16

●有機リン系などの農薬。家具類や壁材(シックハウス症候群)。化粧品。殺虫剤。食品添加物。その他の物質によって、児童に特異なアレルギーが起きているみたいだ。 微量な化学物質が長年にわたって蓄積し、いつか爆発して症状が現れる。国は医学的に検証しないと、理解できないみたいだ。検証とは、誰かが犠牲にならないと、サンプル・データーがとれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレス発散でうつ解消14・15

●ストレス発散でうつ解消14  うつになった時、女性たちはどうやってストレスを解消するのであろうか。姑であれば、嫁への攻撃。おばさんであれば、ご近所の奥さんへの、悪口。シカと。無視。 サービス業のスタッフに対する、嫌がらせ。ここぞとばかりに、攻めて攻めて、攻めまくる。スタッフが謝罪し、泣いても気にしない。これで、スッキリ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日が単調でうつになりそう13

●  子供が産まれた。朝早く起きて、朝食を作る。弁当を作る。亭主を見送る。キスの1つもない。母乳を与える。おしめを変える。また泣いている。どうにか、ならないか。 子供がおかしな行動をしないか、監視しないとならない。子供はすぐ口に入れたがる。シュレッダーに指を入れないか、見張っていないといけない。 机の角を、丸めないといけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつと二四時間戦えますか12

● 男性は、家から一歩外に出ると、七人の敵と出会う。会社では、企業戦士として活動する。 リストラの恐怖にあいながらも、懸命に仕事をこなさないとならない。二四時間、会社のために働き続ける。でも、疲れるんだよなー。  これもそれも、女房や子供を扶養するためだ。生活のためだ。男性たちよ、二四時間も戦えますか。  女性は、二四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつと電磁波と10・11

●うつと電磁波と? 10 家の中では、家電品をたくさん使用している。家電品なくして、もはや生活は成り立たない。つまり、電磁波も蔓延しているということだ。 但し、電磁波が身体に悪影響を与えるという医学的な根拠はない。まだ、実証されていない。 そもそも、家電品やパソコン類に囲まれて研究している科学者が何ともないのだから、電…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大阪のおばさんにうつはいない9

●うつは辛い。訳が分からないけれど、不安感に襲われる。生真面目。正直者。純粋。他人の顔を伺う。他人の目が気になる。強く物を言えない。 他人から、大声で怒鳴られると萎縮してしまう。自信を失う。その他色々ある。でも、いつまでも引きずっている分けにもいかない。 どうやって克服するか。図々しい、厚かましい。卑しくなる。電車の座席を奪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ患者の診療は午後にしよう8

●朝がだるい、起きられない。寝ていたい。ベッドが好き。低血圧患者は、起きられなくて当たり前。でも、高血圧患者なのに朝、起きられなければ問題だ。 顔を洗いたくない。トイレにも行きたくない。通勤したくない。満員電車に乗りたくない。仕事に行きたくない。あー、会社についてしまった。 でも仕事が始まれば、気合を入れてこなすしかない。ホ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

うつ患者は午後には元気になるのだ7

● 朝がつらい、起きられない。身体がさえない。目が開かない。でも、昼になると、ようやく身体が活動を始める。仕事は、昼出勤がいいな。若しくは、夜に出勤する仕事を探そう。 家事も、昼からこなそう。育児は、そうはいかないぞ、と。24時間だっ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病は誰が研究するのか6

●うつ病や慢性疲労症候群がある。その研究を誰がするのかというと、「男性」の研究者である。女性はうつだと主張して、寝込むしか他に助かる手段はない。女性にできることは、ただシクシクと泣くだけだ。泣いて、スッキリするしかない。 女性には、地道にコツコツと研究する能力はない。女性を救えるのは女性ではない。女性を幸せにできるのは、女性ではな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

慢性疲労症候群かなー5

●身体がだるい。朝、起きられない。夜は不眠症。結果、昼まで寝ている。頭では、動かなければいけないと認識しているのに、身体が言うことをきかない。全身がモヤー、としている。 ドリンク剤を飲んでも、すっきりしない。気合が入らない。自分がドンドン愚かになっていく。堕落していく。シャキッとしろ、と叫びたいが、それもできない。 何もする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつと慢性疲労症候群の違いは4

●慢性疲労症候群とうつの違いは、どこにあるのであろうか。あんまり、差異がないように思う。でも、医学的に調べていけば違うのだろうな。 うつは、心の病。脳内物質セロトニンやサイトカインの減少とも、言われる。反面、慢性疲労症候群の原因は、不明とされている。 一方では、「ヘルペス・ウイルス」と主張する学説もある。もしくは、カビかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつだ二人で寝よう3

●妻「あたし、優しすぎる男性って、大嫌い。こうやって、うつが原因で、毎日寝ていられるのも、あなたが優しすぎるからよ。 炊事洗濯家事掃除は、主婦の仕事よ、奪わないで。もっと、しかって欲しいの。ダラダラした生活は、もう嫌っ」 亭主「俺も、最近うつになってきた。仕事辞めようかな。寝よう」 妻「あんたは、働きなさいよ。二人して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気合でうつに打ち勝つぞー2

●男性「うつ病だとー。気合だー、気合だ、気合だ、気合だー。気合が、足りないんだよ。バカヤロー」  その隣で、うっとうしく聞いている女性。 女性「この言葉を大声で発するだけでも、莫大なエネルギーを消耗するんだよなー。寝よ」  ○    ○ 男性「うつ病だとー。気合だー、気合だ、気合だ、気合だー。気合が、足りないんだよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性のうつに告ぐ(育児ノイローゼだー1)

●テレビ番組で、女性の「うつ」を取り上げていた。専業主婦・仕事と家庭・キャリアウーマン、どの道を選択しても、女性はうつに陥るようだ。開き直るしかない。 女性のうつ症状は男性の二倍もあるのに、なぜか自殺者が少ない。それだけ、ストレスを発散させる術を知っているのであろう。 自分は男性であり、医者ではないので、女性のうつは分析…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more