テーマ:映画

DVDヤングマスター(1980年)に告ぐ。

●昔の映画は、アナログのアクションで、面白かったな。ワイヤーといっても、後ろへ引っ張るか、上へ上げるぐらいだった。近年は、CGだらけで、何だか迫力に欠けてしまう。 ジャッキーも、若いなー。コミカルなカンフーだから、笑えてしまう。ジャッキーのDVDは、中古でも高額だ。即座に購入する金額の基準は、1000円前後と決めている。3000円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画その光りに告ぐ

●4月1日に観に行く予定だった映画が、やっと鑑賞できた。予算も日程も、相当、狂った。震災の、バカやろー!!  でも、物語を見ると、震災とはまったく関係のない内容だ。上映しても、問題ないじゃないか。配給会社のバカやろー!! 青年の家は、代々、葬儀屋か神父の出の稼業のようだ。信仰心の薄い神父になったが、ローマでエクソシストになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画塔の上のショコタンに告ぐ

●全然、観る予定がなかったが、震災の影響で、鑑賞予定の作品がなくなった。 で、仕方がないから、ラプンツエルを観た。母親とガキだらけ。おっさん1人で観ていると、浮いてしまう。選択を、間違えたか。とはいえ、他でも、アニメしか観るものがない。 CGとはいえ、動きが繊細で、映像もキレイだな。さすが、ディズニーだな。 ディズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画漫才ギャングに告ぐ

●映画の日。本来なら、漫才・ライト・ロサンゼルスを観る予定だった。地震だー。上映中止だー。バカヤロー!!!  予定が大幅に狂ったぞー。ライトの前売り券を、買ってないぞー。赤字だぞーと。 漫才は、ギャルたちがゲラゲラと大笑いしていたなー。映画とはいえ、漫才を通じて観客を笑わせるのは、大変なことだぞ。 出演者は、みな、よい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD太陽を盗んだ男に告ぐ(1979年)

●このDVDも、何回見ても面白いな。原作・脚本が、アメリカ人だ。世界で、9番目に原爆(太陽)をもった国という設定だから、アメリカでは成り立たない。 中学教師の沢田が、東海村でプルトニウムを盗み、核爆弾を作りだしてしまう。政府へ脅迫したいが、何をしたいのかが分からない。 そこに、コメディとアクションと池上との恋、菅原刑事との駆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災で映画上映が中止だー

●3月11日(金)午後、地震が起きた。翌日、映画を観に行った。この時は、フィルムが届いていたから鑑賞できた。 道路・鉄路が、寸断されている。フィルムなどは、飛行機・船便でなければ、届かない。津波の余波もあり、船便はちょっと怖い。 以後の映画は、どうなるのだろうか。4月1日(1000円)に備え、3本の映画を観る対策を練っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画警護課4係に告ぐ(3/12)

●地震の影響も全然関係なく、劇場で鑑賞できた。よかったね。何だかなー。1作目もそうだけど、人物関係が、よく分からない。 深夜のテレビの時代から、映画を2作、製作するつもりだったのかな。堤(尾形・成瀬?)の学生時代と、香川(伊達)の学生時代の設定・関係が、理解に苦しむ。 堤は、テロのリーダー役だけど、なぜか共感してしまう自分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画きくや商店に告ぐ

●青森県の、きくや商店のおばさんに拾われたブサイク犬が、なぜか話題になり、映画化された。 その犬の伝記的な物語かと思いきや、製作者側のオリジナル作品になっている。 飼い主のおばさん(ひろ子)と犬との触れ合いではなく、近所に住む少年とわさお(シロー)との、無言の交流を描いているようだ。 素人の犬だけに、監督たちの言うこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画旅行者に告ぐ

●ヘップバーンのような、ロマンティック・サスペンスかな。 ロシア人のボスから、財産を横領した英国男性が狙われる。 一方、脱税罪で、スコットランドヤードからも狙われる。 その恋人が、旅行者を利用して、イタリアへとやって来る。 テレビ番組で、試写会を観た記者が、 「ラストのドンデン返しに、やられました」とか言っていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ナルニア3に告ぐ

●今までの、1・2は、アクションも乏しく、つまらなかった。物語も、よく理解できなかった。 でも、3は、海洋冒険活劇のため、そこそこに面白味があったかな。 それにしても、その気になれば、この兄弟たちは、50歳になっても、ナルニアへ行けそうだな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画来世に告ぐ

●「シックスセンス」のように、ドンデン返しがあるかと思ったら、何もなし。アクションもなし。 ゆっくりと物語は流れるが、人間ドラマとしても、ちょっとガッカリ。後ろの席のおばさん2人は、涙腺を濁らせていた。 手に触れただけで、愛する人の死者を見ることができる、マット(サンフランシスコ)。廃業後も、4~5人の人をついつい、見てしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画きのうの山Pに告ぐ

ヤマトに続き、名作が、またしても実写化されてしまった。それもまた、ジャニタレだ。イメージが、損なわれるなー。 著作権の関係上か、アニソンも歌われない。タッチは、よく歌われたな。せめて、楽曲だけでも、全曲流してもらいたいものだ。 香川とカリナは、イメージに合致している。伊勢谷も、やや合致している。山Pの鍛え抜かれた筋肉美には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画サイパンのきつねに告ぐ

● 1944年頃から、サイパンがアメリカの支配下に入ってしまう。すでに日本の軍部は、サイパンを放棄していた。当時から、2万人以上の日本人が、住んでいたようだ。 その情報が入らないまま、竹之内の部隊は、戦争状態を続けていた。少ない兵士だけど、そこそこの戦術で米兵を撃退し、1年半もジャングルの中に残留し続ける。 どこまでが、真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の忠臣蔵に告ぐ

●何だか、全編にわたって、グショグショになってしまったぞと。情けねー。 ななみちゃんの演技は、「書道ガールズ」の頃よりも、腕が上がったな。助演女優賞を上げたいな。ちなみに、きいちゃんとの顔の違いが、よく分からない。 予告編から、大石の隠し子を公表しているから、本編を観るとつまらなくなってしまったな。 劇場内でドンデン返しと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ふたたびに告ぐ

●つまらない、映画だな。想定の範囲だな。ハンセン病患者のジジイが、昔の仲間を求めて孫息子と旅をする、ロードムービーだ。 散り行くイチョウの花粉が、劇場内で猛威を振るっている。涙と鼻水が、やたらと出てくる。 上映後、急いでトイレへ行って、ペーパーを求めてしまった。帰宅すると、花粉症が治ってしまったぞと。 ハンセン病を扱っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画そろばん侍に告ぐ

●加賀藩(石川県金沢市)で経理を担当する、中村(父)と堺(息子)。物語は、堺の息子を中心にして、進行している。 算盤(そろばん)を習ったことはないが、速算を習得するなら、ガキの頃から塾で習うべきだな。 そろばんの歴史は、メソポタミア文明にまで遡るみたいだ。砂や石ころから、発祥・発展しているようだ。 時に、ダイヤの原石を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画海上戦艦大和に告ぐ

●30数年前の名作アニメだけに、ジャニーズタレント(38歳の木村)だと、イメージが狂うな。 まして、徳川医師(男性)が高島(女性)だと、最悪だ。一升瓶とネコが、似合わない。西田のほうが、イメージ的に合致する。 アナライザーも、イメージを崩しているな。地球上の呼び名、ガミラス星人・イスカンダルの女王も、とことん崩している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画乱暴と待機に告ぐ

●市営住宅に引っ越してきた、山田・小池夫妻。そこには、小池の高校生時代のいじめっ子、美波がいた。美波は、兄浅野と同居している。 美波の美貌に惚れたのか、山田は彼女と浮気をする。浅野は、両親が死んだ原因は、美波にあるとして復讐を毎日、考えている。 そんなある日浅野は、ひょんなことで屋根裏から、美波の行動を覗くようになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画パラアク2・in東京に告ぐ

●24時間前に、チケットを購入した。上映20分前に着いた。ロビーには、全然、お客がいない。 入場すると、2人しかいない。噂ほど、たいしたことないのか。ところが、上映5分前になると、8割ほど埋まった。 大半が、学生だ。女子高生も、多いな。どうやら、高校生は1000円で鑑賞できるようだ。大人料金も、1000円にしなさい。 …
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

映画武良布枝の亭主に告ぐ

●昭和36(1961)年、昭和のあの、貧しい生活時代が懐かしいなー。昭和の世界だから、NHKもヒットしたのだろう。 吹石も宮藤も嫌いではないが、NHKのイメージが強すぎて、奈緒ちゃんのほうが、いいな。 製作会社が違うから、どうすることもできないのかな。NHKが、そのまま映画化すれば、一番良かったのにな。 2人とも、鳥取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HP7(ホームヘルパー)7(級)に告ぐ

●原作を読んだけれど、何だか、内容を忘れてしまったか? 7作目にして、ボスが何をしたいのか、だいたい分かってきた。 ボスは、魔法省・学校を支配し、マグルを抹殺し、その後、人間界も支配するつもりなのかな。校長を倒したから、後は、強敵ハリーを倒すだけだ。 先生たちは分散し、ハリーら3人だけで、ボスを倒せる分霊箱を探す旅に出る。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画大阪合衆国の大統領に告ぐ

●こういうおふざけ映画だと、まじめに評価しようがない。するだけ、アホらしくなる。 この作品は、吉本が製作しているのか。最近、やたらと映画に力を入れているな。テレビ・舞台だけでは、利益が出なくなったか。 映画を製作するなら、世界を相手にするだけの物語でないと、利益は出ないぞ。この手のギャグは、日本人でも寒い。 でも、おば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画オレ様が女子高生をみてるに告ぐ

●チラシを見ると、チャラチャラした女子高生の、つまらない恋愛物語かと思いきや、意外と面白かったな。 館内は、キモイ、オタク男性ばかりが集っている。物語としては、「桜の園」のパクリみたいだ。 出演者は、ちまたのギャルたちは知っているかもしれないが、自分は全然、知らないギャルたちだ。 マンガが原作かと思ったら、小説から漫画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画月食(原題)3に告ぐ

●一応、1・2の解説があったけれど、3も何だかよく分からない。配役構成が、よく分からない。登場人物に、字幕を入れてほしいな。 人間の女性ベラと、良心的なバンパイア男性との禁断な恋物語。その後、月食好きのオオカミ男(インディアン?)も恋をする。 イタリアから来た、冷酷無比、本家(?)のバンパイア、ダコタがその2人を監視する。ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判長小沢を懲役10年でどうですかに告ぐ

●あまり期待もしないで観に行ったが、意外と面白かったな。傍聴マニアの原作だから、裁判例はほぼ実話に近い内容だと思う。 交通事故で、血がドバーッと出て死亡する場面では、2回も笑ってしまった。日村は、きっとどこかで出るだろうなと思った。 プロデューサー砂羽から、裁判を題材にした映画の脚本を書くように命令される、設楽(したら)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画メッセージに告ぐ

●強いて言えば、「ファイナル・デスティネーション」から死神を抜いた、安心して見られるソフトなファンタジー映画かな。 幼少期に、臨死体験をしたジョン(医師)。その後、他人の死期を知ることができる能力が、備わってしまう。 残念ながら、死亡日、その死に方までは知ることができない。防ぐことも、できない。 ジョンは男性弁護士に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画警視庁警備部警護課第4係に告ぐ

●これは、テレビ版の続編のようだ。テレビを見ていないから、映画版の物語が、分からーん。全く、新しい内容にしてほしかった。 スタントマンなしの岡田だけど、努力賞は認めるかな。演出に、問題があるな。香港・ハリウッドには、ほど遠いな。 ジャッキーなら、このトラック・アクションは、本番で実行するだろう。背景に、ブルーシート(CG)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画SWA7に告ぐ

●中古DVD(1~4)。新品DVD(1280円・5巻)。そして「7」に合わせて、1週間前に新品DVD6巻(1280円)を手に入れた。やったね。 「7」のために、復習を兼ねて、5巻まで見た。10月31日に、「6」巻を見る予定だ。そして、11月1日に、「7」の鑑賞予定を組んだ。 ところが、「7」は、俺の嫌いな3Dだ。映画の日でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画雑誌ミレニアム3に告ぐ

●「2」が2週間で終了したから、1週間空いてしまった。記憶が多少、薄れてしまったぞと。 「2」で女性は、男性Aを殺害し損ねてしまった。未遂だ。2人は、同じ病院にいる。 男性Aの黒幕、男性Bその他が女性を狙っている。女性が、法廷に立たれることを恐れている。証拠も、消さないといけない。 女性を守ろうと、無実を求めて、雑誌社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画優桜に告ぐ

●どうも、女性原作者の作品のようだ。岡田は、設定としては、11代将軍家斉(いえなり)の息子かな。 家斉(一橋家・ひとつばしけ)の側室は40人、子供は55人もいるようだ。 男児が、1人くらいいなくても、将軍家の跡取り問題は、起きないと思うな。他の兄弟が出てこないから、1人っ子の設定か。 一橋家の祖先は、和歌山・紀州藩、吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more